アメリカに行ったら必ず行くのはWhole Foodsです。

wf1

オーガニックのものなど、素材や品質に重点を置いた商品選択をしているスーパーなので、見て回るだけでも楽しく大好きなスーパーです。

この膨大な商品の中から、更に自分好みの商品を見つけるのが発掘しがいがあります。

wf2

最近ソルガムきびのお仕事をしているので、グルテンフリーに興味があるのですが、アメリカはグルテンフリー商品がとても充実してます。

アメリカにはセリアック病(小麦粉グルテンに対する自己免疫疾患)の方が数百万人いるそうで、セリアック病や小麦アレルギーは増加傾向とのこと。

写真の商品棚のお菓子はすべてグルテンフリー。
パンやその他麺類、書籍などもグルテンフリー商品が充実しています。

何か疾患があっても、食べる楽しみを手放さなくて良くて選択肢がたくさんあるのは、人口の多い国ならではのメリットですね。

wf3  
遅まきながら、歯磨き粉や口紅など、どう考えてもある程度食べてしまっているものに関しての成分を考えるようになりました。

特に私の場合、結構長い時間磨いてることが多いので、よくすすいでいても少しは飲み込んでいると思います。

歯医者さんに聞くと、歯磨き粉はそもそも使わなくて良いそうなのですが、やっぱり磨いた後少しさっぱり感が欲しいので何か使いたい。

なのでWhole Foodsで扱っているものなら安全性が高いかなと思って選んできたのですが、帰ってきてよく見てみると、ココグリセリル硫酸Naなど別に入って無くてもいいのに~というものが入っていました。
まあそれでも一般的な商品よりは大分食品寄りの成分です。

成分をじっくり見てると手作り出来そうな気が。

買ってきた分を消費したら手作りにチャレンジしてみたいと思います。

wf4

そして絶対に食べているに違いない口紅やリップクリーム。

あてずっぽうにいろいろ買ってみました。
日本でも買うことができるBURT’S BEESのものは総じて使い心地が良く、色も綺麗に出ます♪
写真には写っていないのですがBURT’S BEESのグロスも良いです。

ただ、手前のヘンプの口紅は失敗。
固くてモロモロした塗り心地で、いくら安全性が高い成分でもこれはちょっと…。

wf5

その他はスパイスソルトやこしょう、ドライフルーツなど少し買ってきました。

スパイスソルトは岩塩と粒状のスパイスを挽くもので、MSG不使用。
こしょうはグリーンペッパーとロングペッパーを買ってきました。

こしょうは種類や挽き方によって香りや味わいが違うので、ついつい色々集めてしまいます。

調味料大好きなのでもっとたくさん買いたかったのですが、洗剤などもわんさか買ったため(そして日本に帰ってきて、日本でも同じものが意外に安く売っていることを知って白目)大分控え目です。

調味料といえば、僭越ながら日経新聞の料理のプロ50人が選ぶ調味料の選者をさせていただきました。
私の大好きな調味料がたくさんランクインしているのでよかったら見てみてください。

wf6

Whole Foodsでは化粧品も買ってきました。

化粧品の棚の前をウロウロしていたら、店員の男性(フェミニンな方)から、

「ねえねえ知ってる? このプロダクトは100%オーガニックのフルーツジュースをベースにした化粧品なの。素晴らしい使い心地で絶対おすすめよ」

と話しかけられ、すすめられるがままに買ってきました。

そしてこれまた日本でも買えることを帰国後知りました(^-^;)

Share: