最近読んで、とても面白かった本です。

本屋さんで見つけて何となく買ったのですが、一気読みしてしまいました。

book1

イギリス人のフードジャーナリストが、奥さんと小さな息子2人を連れて、北海道、東京、京都、大阪、福岡、沖縄を約3ヶ月かけて食べ歩いたエッセイです。

著者のマイケル・ブースさんは、パリのコルドンブルーで1年勉強の後、ジョエルロブションにてスタージュしているそうで、料理への興味や造詣の深さも普通のイギリス人とは全く違うので、単なるガイジンの食べ歩きの感想を越えた、興味深い内容になっています。

更にコーディネーターの方が辣腕だったようで、服部幸應氏や辻芳樹氏という東西料理界の重鎮にまでアクセスし、なんと一見さん絶対不可の名店、壬生まで行ったりと、日本人もビックリの食べ歩き記になっています。

(京都の一見さんお断りのお店の感想は無いのですが、行かなかったのか、書かなかったのか気になります。)

いかにもイギリス人ぽいユーモアたっぷり、かつアイロニカルな語り口で書かれている点も楽しく、あるお店の店員の態度の悪さをバッサリやったりと、日本人にはなかなか踏み込んで語れないことも書いて密かにスッキリしたり(笑)

読み応えあっておすすめです。

Share: