安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

エンターテインメント」カテゴリーアーカイブ

ジブリ美術館「食べるを描く。」

8月 26th, 2018 in エンターテインメント 食とアート

三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」に行ってきました。

ジブリ作品に出てくる食の名場面を特集した企画展、展示室入ってすぐのところにレストランの入り口にあるような、ガラスのショーケースいっぱいに、ジブリ飯の食品サンプルが飾られていて、しょっぱなから痺れました。

ショーケースの様子はこちらに写真があります。

千と千尋の神隠しで、お父さんが食べて豚になってしまう神さまの食べものもありました!

全体的にほぼすべてのジブリ飯は、想像していたより大ぶりでダイナミック。最近のおしゃれ盛り付け量に慣れた目には迫力の大きさに見えました。
例えばハクのおにぎりは3つで2合分くらい、1000Kcal以上ありそう。



パンフレットにはすべての食品サンプルが掲載されているので、うちに帰ってきてからもじっくり見返しています。

台所もふたつ、トトロの草壁家の台所とラピュタのタイガーモスの厨房が精巧に再現されています。そのどちらも自由に見て触って回れるのですが、食品サンプルが上手に使われていて、鍋を開けると本物そっくりのシチューが入っていたり、シンク下のゴミ箱には野菜や果物の皮が捨てられていたりと芸が細かくて最高!

この他、絵コンテの展示もされているのですが、食べるシーンは、食材の動き、食べた場合のクチの動きや表情の変化、食材の変化が緻密に指示されていて、その観察力と表現の細かさが圧巻です。

展示の最後には『「食」にまつわることほど、その文化を象徴するものはない』という考えから、ジブリ作品では作品に描かれる地域の食習慣や生活様式を「知り」「学ぶ」ことを大切と考えていることが実例をあげて紹介されており、おススメ図書も展示されていました。

予想以上に濃い展示にうっとりしながら外に出たら、色とりどりのビー玉が入ったラムネが売っていました。


ジブリのラムネ、開栓する前からビー玉が落ちている、と思いきやなんとジブリのラムネは特別で、開栓するとビー玉が2個になる仕組みです。


いちいち夢があって素敵。

レストランではジブリ作品に出てきそうなメニューがいただけるようですが、とても混んでいたので断念。


館内の細部まで凝っていて、ちょっとしたカフェ脇の手洗い場まで作品に出てきそうな可愛らしさ。


売店で、迷いに迷って買ってきたハウルの目玉焼きマグネット。この他、マダムのケーキ、さつきちゃんのお弁当、ラピュタの目玉焼きのせパンと4種類あります。


ベーコンと卵にもう少し火が通ってるとシズル感あるのにー、と思うけれどこれにも何か意図があるのかも知れません。

食べるを描くの企画展は11月まで開催予定のようです。食いしん坊な方に絶対おすすめです。

げに恐ろしきかなポテトチップス

8月 14th, 2018 in エンターテインメント 美容と健康

日本では今週、8月17日から公開される映画、「タリーと私の秘密の時間」を機内で観たのですが、この映画の役作りのために、シャーリーズ・セロンは50ポンド(約23キロ)増量したそう。


元が細いので、23キロ太ってもそこまですごい肥満という感じでも無いのですが、二の腕やお腹などのお肉のダブつき具合はなかなか。

シャーリーズ・セロンは体重を増やすために、ポテトチップスの袋を車の中やキッチン、バスルームなどあらゆるところに置いておいて食べることで増量したとのこと。

うんうん、分かる分かる。
ポテトチップスって、サクサク簡単に100g(約550Kcal)くらい食べられちゃうんですよね。それでいてあまりお腹にたまらないというか、食べ飽きない。

チョコレートも100gあたりポテトチップスと同じくらいのカロリーですが、こちらは100g(板チョコ約2枚分)食べたら、ちょっとしばらくチョコレート食べなくていいな、となるし、食事量も減ってしまいそうだけど、なぜかポテトチップスはどんどん入るんですよね(私の経験則)

そうか、体重増やすのにポテチか、、、、

私はポテトチップスが好きなのですが、普段は健康のために控えていて、年に何度か、旅行先でだけ解禁して食べることを楽しみにしています。

タイでも食べたなあ。


タイの海苔塩ポテトチップス。

日本の青のり味とは違って、韓国海苔味のような感じ。少し甘めです。


タイの食品表示は、何がどのくらいの割合で入っているかを明記してあるんですよね。味の想像がつきやすくて良いのですが、これはタイ語だけなので、全く読めない^_^;


タイで毎日1万5千歩くらい歩いたけど、その分ポテトチップスで相殺されました。

殺人猛暑に勝つコンビニ ・ランチ18選

8月 8th, 2018 in エンターテインメント

本日発売の週刊文春夏の特大号の特集、『殺人猛暑に勝つコンビニ・ランチ18選』で、ランチの組合せとコメントを載せていただいてます。


最近のコンビニはヘルシー志向。野菜がたくさん摂れるお弁当やお惣菜が以前に比べて随分増えました。
状況に応じてこうしたものも上手に取り入れたいですね。

ところで今私は夏休みでタイに来ているのですが、タイでも今日発売された文春読めるのですね!




文春だけでなく、ものすごくたくさん雑誌が読めるアプリがあるんですね。うっすら雑誌が読めるアプリがあることは知っていたけれど、まさか月額432円でここまで沢山の雑誌が読み放題だとは知りませんでした。バックナンバー含めて1500冊も読めるそう。ほんと、こうした情報知らないと損しますね。
中には年間購読している雑誌もあってショック。情弱(T_T)

みんな電車の中でずっとスマホを見てて何を見てるのか不思議だったのだけど、こういうのを見てるのかー!

私はdマガジンというアプリを利用しましたが、他のもいろいろあるようです。夏休み中雑誌読んで過ごしてしまいそう…

夏バテに負けないコンビニ3食メニュー

8月 3rd, 2018 in エンターテインメント 食や栄養のはなし

昨日今日と、本当に殺人猛暑という名が相応しい、恐ろしい暑さの東京です。

昨日発売の週刊文春の特集「夏バテに負けないコンビニ3食メニュー」内にコメントが掲載されておりますので、ご覧いただければ幸いです。


先週の週刊文春では、猛暑を乗り切るための簡単に出来て栄養豊富な料理のレシピを掲載していただきましたが、それを読んだ母の感想は、「こんなに暑いと悪いけど、簡単な料理もしたくない。お惣菜買いたい」とのこと、、、

母は、昔から手まめに料理を作る方で、現在はフルーツカービングに嵌っており、いつ実家に帰ってもささっとこんなものを用意してくれる人です。


それが、もう料理したくないとは、寄る年波と猛暑のせいですね^_^;

そして、編集者の方って、そうした読者の気持ちに本当に敏感ですごいです。


なんと、今号はスーパーやコンビニで買ったお惣菜類で、夏バテ対策する方法なのです。


マイクロズボラブロマイドの言葉も、ますます染みてくる暑さです。

LIXILブックギャラリー閉店

7月 28th, 2018 in エンターテインメント

LIXILブックギャラリーの前を通ったら閉店のお知らせが!


小さいながらも食に関する本の品揃えが素晴らしく、覗くのを楽しみにしていた書店なのでガックリ。

今年は京都駅の三省堂書店も閉店してしまったし、本当にリアル書店はどんどん減っていきますね。

ネット通販も便利に利用していますが、本はやっぱり手に取って内容を確認してから買いたいものも多いし、自分の嗜好や検索力ではなかなか見つけられない本にも、リアルの書店で出会う機会があるに残念です。


最後にLIXILブックギャラリーに行った時に買った本。どちらも手にとって中身を確認できたからこそ買おうと思えた本です。