Monthly Archives: 12月 2009

◆明太子づくり

12月 28th, 2009 in 料理

今の時期は助子がたくさん出回るので、明太子づくり。

41.jpg
明太子づくり、試行錯誤していろいろやってきましたが、かなり乱暴に作っても美味しく出来ると分かったので、もはや下漬けの塩分濃度なども適当。基本は、助子に塩をまぶして(調味液でもどちらでもOK)、塩漬けが出来たら、唐辛子粉+出汁に漬けるだけ。

42.jpg
ただひとつ、難しいのが良い助子を手に入れること。大ぶりで立派、かつ新鮮な助子がなかなか見つかりません。写真は北海道から取り寄せた小粒な助子。

◆こまねこちゃん

12月 26th, 2009 in エンターテインメント

クリスマスカード、非常に罪つくりなカードを送ってきたお友達がひとり…。

だってだって、こんなの↓を送って来たんです!!

53.jpg

「惚れてまうやろーーっ!」

という、お笑いの決め台詞が見た瞬間頭をこだま。惚れてしまいそうどころか、瞬殺で一目惚れです。なになに?こまねこって何?
私が知らなかっただけで、随分前から日本に生息していたんですね!涙ぐみそうなくらい可愛い。更に、なんと23日?25日まで、「こまねこのクリスマス ?迷子になったプレゼント?」が京都みなみ会館で上映とのこと。何をおいても行かねば! で、昨日行ってきました。

こまねこちゃん、何もかも可愛いのだけど、やはり食べものが気になる。昨日の上映では、「はじめのいっぽ」「こまねこのクリスマス」が上映されました。

「はじめのいっぽ」に出てくる食べもの
コーヒー
ドーナッツ3つ(チョコレート・チョコグレーズド・シュガーグレーズド?)

「こまねこのクリスマス」に出てくる食べもの
コーヒー
サンドイッチ(ハムときゅうり?)
いちごのショートケーキ

こまねこちゃんはコーヒー党の模様。「クリスマス」の方では、お出掛けの際、コーヒーをつめたポットとサンドイッチを持ってお出掛けしてます。
どこかで見たような…、と今年一番頭をひねって考えたところ、絵本の「さむがりやのサンタ」で、サンタがやっぱりコーヒーポットとサンドイッチを持って出掛るシーンがあったような。あの絵本も本当に食べものが美味しそうに描かれているんですよね。どちらも実際のコーヒーとサンドイッチより、ずっと美味しそうに魅力的に表現されていると思います。

そして、もちろん今日の我家のランチはサンドイッチとコーヒーです。

banner_koma.gif

◆Merry Christmas!

12月 25th, 2009 in 季節 料理 洋菓子

キリスト教徒ではないのだけれど、やっぱりクリスマスはワクワクします。

35.jpg
これは先日行った、ディズニーランドのパレードで最後に出てきたサンタさん。

34.jpg
ショッピングモールのサンタさんとの写真撮影。私の子供の頃にもデパートにサンタさんとの写真撮影ブースがありました(@旧西ドイツ)。当時、写真の子供くらいの年齢だったので、本当のサンタさんだと信じていて、嬉しすぎて恥ずかしくてこんなに良い子に写真撮影できませんでした…。

33.jpg
クリスマスケーキ、みなさんの定番は何ケーキですか? 私はもちろんシュトーレン。あと日本に帰ってきてからは、ショートケーキやバタークリームで出来たブッシュドノエルを毎年いただいていたので、この3つがクリスマスケーキのイメージ。しかし大変残念なことに夫がシュトーレン的なフルーツケーキは食べないため、結婚してからはショートケーキかブッシュドノエルです。今年は大丸でアニバーサリーのショートケーキを予約していました。25日に受け取りたかったのだけど、24日までということで昨日取りに行きました。

21.jpg
我家にはオーブンも、オーブンレンジも無いため、去年はうずらを焼きましたが、今年は鶏を焼くことに。今回初めて、丸鶏を塩水(brine=ブライン)に漬けてから焼く方法をやってみました。塩水に漬けることで、肉がジューシーになり、中まで味がついて良いとのこと。5%塩水で、10時間?24時間マリネしてからロースト。

32.jpg
オーブンではなく、根性で焼きます。
フライパンで丸鶏のローストチキン、小ぶりなものなら充分焼けますよ(時間と根気があれば)。ところで、料理用の針が行方不明です!いざ鶏を縫おうと思ったら針が無い?。ので、足を縛っただけ。これが後の皮破れへと繋がります。

31.jpg
フライパンで焼いたハニーローストチキン。しっかり縫いつけてないのと、フライパンの中で全体を動かすので結構皮が破れました。鶏にかかりきりなため、ガルニチュールも無し。スタッフィングもしていません(さすがにフライパンでスタッフィングまで火を通すのは難しいと思う)。
で、ブラインに漬けたことですが、七面鳥やブロイラーなど鶏や状況によってはやった方が良さそう。素材そのものが良い鶏には、従来通り、塩を揉みこんで、出てきた水分を取って、という方法の方が良いかな?

◆台湾人生

12月 24th, 2009 in 台湾

いよいよ本当に年末で切羽詰まって来ました。余裕を持って年末を迎え、粛々と1年を振り返って来年の目標を立てたり、冷蔵庫の裏まで掃除をしたり…したい、私もいつかしてみたい!もう何から手を付けたら良いのか分からない中、これだけは絶対見逃してはならぬ映画に出掛けました。

映画のタイトルは「台湾人生」。

台湾を日本が統治していた時代に青春期を過ごした、台湾のお年寄りのインタビューをまとめたドキュメンタリー映画です。
これ、台湾人のお友達から、「見てみて」とチラシをもらったのですが、チラシをよく見ると…、監督の酒井さん、何度かお会いしたことがある方でびっくり。当時から、「日本統治時代を知る台湾人の方のドキュメンタリー映画を作りたい」とおっしゃっていたのだけれど、それが現実になったということを知りました。これはもう何をおいても行かねば!

15.jpg

当時の台湾人は「日本人」として教育されたのにもかかわらず、二等国民と差別され、でも戦時は「日本人」として戦地に出向き、日本に尽くし、しかし敗戦後はあっさり日本に捨てられ、戦勝国の中国国民党軍から酷い目に遭っています。

「日本に捨てられた」「それに対する謝罪が無い」という怒りと、それでも日本統治時代を懐かしく想う気持ち、「自分は日本人だ」という気持ち。

私も何人か日本統治時代を知る方とお話をしたことがあるのと、台湾にも暮らしていたので非常に身近に感じられる内容です。こうして映画という形で、日本統治時代の方たちのお話が残ったこと、本当に良かったと思います。できる限り多くの日本人にこの映画を見ていただきたい。

この映画を薦めてくれたお友達の感想が、

「台湾人怎麼那麼喜歡日本?!」

訳すと「どうして?!何で?台湾人はそんなに日本が好きなの?!」なのですが、私もこんなに日本から酷い目にあって、それでもまだ日本に対して好きという気持ちも持っていただいているということに対して、まさに同じ感想です。こうしたこと、日本ではあまり知られていないように思います。そして台湾の若い世代にも。

京都は京都シネマで25日まで上映です。サイトでも予告編が見られるので是非見てみてください。

◆山利の白味噌

12月 20th, 2009 in お取り寄せ その他

うちで一番使っているお味噌は、山利さんの白味噌です。品良く甘すぎず洗練されたお味の白味噌。昆布出汁と本当に良く合います。お土産にもおすすめ。インターネットの通販をやっているお店もあるので、お取り寄せもできるようです。

71.jpg
私はいつも錦の麩嘉さんで求めています。今日錦に出掛けたら、年末が近いのと、日曜日なのとで、ものすごい人出でした。そろそろ錦に出向くとき、時間と曜日を考えないと。

72.jpg
今日は良いお肉をいただいたので、すき焼きです。
すき焼きには何を入れますか?私は、たまねぎ・青ネギ・春菊・焼き豆腐・糸こんにゃく・しいたけ、そして絶対外せないのがお麩です。タレをたっぷり含んだお麩を、卵にからめて食べるのが好きです。残ったすき焼きにごはんを入れて、翌日こっそりすき焼きめしをするのも好き。