安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

東京」カテゴリーアーカイブ

東京駅で富山の白エビ

12月 12th, 2018 in 東京

友人と東京駅の駅地下でさっと一杯飲んでいこうということになって、ふらっと入った白えび亭。富山の海鮮を使ったどんぶりがメインのお店ですが、お酒とちょっとしたお酒のあてもあり、ちょい飲みするのにちょうど良いお店でした。


富山の白エビ、大抵の場合は水揚げしてすぐに急速冷凍するので、富山で食べても他の地域で食べても変わらないという話を聞きました。水揚げしたてを食べてみたいものです。


白エビと、ブリと、ホタルイカの天ぷら。
ホタルイカの天ぷらが、青のりがまわりにまぶしてあるのが香ばしくてとても美味しかったです。東京駅でちょっと一杯、クセになりそう。いろいろなお店があるので、他にも試してみたいと思います。

銀座鹿乃子

12月 6th, 2018 in 東京

10年ぶりくらいに銀座鹿乃子で、梅きしめんを食べました。鹿乃子、高校生の頃から行っているお店です。今では大抵の店でひとりでご飯を食べることが出来ますが(高級鮨店のカウンターお一人様も経験)、高校生の頃は銀座でひとりで入れるお店は、鹿乃子と千疋屋くらいでした。
メニューも昔とあまり変わらない安定感、安心感があります。


鹿乃子では梅きしめんか温麺をよく食べてました。ただ、本当に久しぶりに食べに行ったのですが、梅きしめん1480円!昔からこんなお値段だったのだろうか?
値段の記憶がないのですが、高校生がお小遣いで食べられたんだから昔はきっと安かったのでしょうね。

年末に向けてぼちぼち掃除をはじめました。書類、本を中心に処分しているのですが、懐かしいものが出てきました。


学校に来ていたカメラマンさんに友達と写真を撮ってもらったら、たまたまそれが中学受験専門誌に載ったことがあったのですが、その雑誌が荷物から出てきました。
これ、「今日から私、中学生になりました」という特集の巻頭ページなのですが、写真からも見て取れると思うのですが、私たちは高校生。
私が通った中高は、中学生は青いスカーフ、高校生は黒いスカーフで、この特集、他の写真の生徒はみな青いスカーフなのに、私達だけ当然黒いスカーフの上に初々しさがなく異質。

中学受験専門誌なのにいいのか?と、当時思ったものの、「大人には中学生に見えたのかなあ」などと解釈したのですが、大人になって改めて見てみて、こんな態度が大きく老けた中学1年生いるわけない、、、単にポジフィルムで確認したから気が付かなかったでしょうね。
このページを写真に撮って処分します。

しかし書類とか雑誌とか、処分するのに時間がかかるのに、やってもやっても全然片付いてすっきりした感じにならないのが辛いですねー。精神的負担は大きな家具の処分と同じくらいに感じます。

おしゃれなお蕎麦屋さん

12月 5th, 2018 in 東京

先日お友達に連れて行ってもらった、おしゃれなお蕎麦屋さん。渋谷のキューピー本社の1階に入っている、雷庵/ライアン-RYAN- 、とても良かったです。

ランチに行ったのですが、落ち着いた雰囲気でメニューもたくさん。私は前菜とおそばと、一口最中のセットをお願いしました。


お蕎麦屋さんて、普通は野菜メニューが少ないので、お蕎麦を食べに行くと野菜不足になってしまうのだけど、小鉢にたっぷり野菜や里芋が出てきて、これが嬉しい。


お蕎麦は、しらすと生うにとイクラのまぜ蕎麦を選びました。ちなみに蕎麦は大盛りでお願いしました。

お友達は穴子天せいろ。


ふわふわの穴子天。お蕎麦もとても美味しい。


蕎麦湯もトロトロタイプ。ちなみにそば茶がとても香ばしく炒りたてで素晴らしかったです。

最後にクリームチーズ入の一口最中が出てきます。


1品1品クオリティーが高くて、これで1900円。コストパフォーマンス良いと思います。お客様も素敵な大人が多い空間でくつろげます。お酒のメニューも充実しているので、次は夜に伺いたいと思います。おすすめ!

駅の売店の進化

11月 15th, 2018 in 東京

最近の駅の売店で売っているもの、一昔前に比べてかなり進化していますね。この間日比谷線のホームの売店で発見したもの。


寿司ソックスに寿司マグネット!


外国の方向けのお土産対応なんでしょうね。結構なスペースがお土産商品に割かれていて驚きました。


この手巻きなんかよく出来ていて、私も欲しくなってしまいました。

ここのところ、こうした変化のスピードが早くなってきていると感じています。外国の方に好まれる日本の食も、ちょっと前まで寿司一強でしたが、今はぐんと幅が広がってきています。


私が推してるのは、焼き鳥や串揚げなどの串もの。


新大阪駅みたいに、東京駅の新幹線乗り場の近くにも串揚げテイクアウトのお店が出来たらいいのにな、と思っています。

ネパール料理

11月 12th, 2018 in 東京

最近何度かネパール料理を食べる機会がありました。
インド料理店のシェフがネパール人ということが結構あるので、インド料理とネパール料理が近いものだとは思っていたのですが、インドよりもう少しスパイスがマイルドで、地理的にブータン、中国などの影響を感じられるお料理ですね。

おつまみの小さいな豆のフライ。


これが何かちゃんと聞いてくるべきでした。米粒より小さいくらいの豆のフライ。ウラッドダルという豆なのかな。この小ささが、ちまちまつまんで食べるのが楽しくてすごくいい!しかも極小なのでつまんでもつまんでも大した量が食べられないという点もいい。

ネパールビールにも合います。


ネパールのビール、甘味強め、味濃いめで美味しい。


鳥軟骨や砂肝をスパイスと和えたお料理もあって、これがとても良かった。軟骨はわかりませんが、砂肝は実際にネパールでもお料理に使うようです。


ネパールのカレーはインドよりスパイスや油がマイルドな気がします。


ネパール料理は鍋物も美味しいんですよね。

あと、写真がありませんが、ネパール料理はモモという小籠包みたいなものも有名で、これもまた美味しい。
東京はますます各国料理のお店が増えてきているように思います。まだまだ知らない料理がいっぱい。お料理をいただくとよりその国に対しての親近感や興味が増しますね。いつかカトマンズとか行ってみたいなあ。