安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

You are what you cat. 安中千絵の食ブログ

◆台湾人生

12月 24th, 2009 in 台湾

いよいよ本当に年末で切羽詰まって来ました。余裕を持って年末を迎え、粛々と1年を振り返って来年の目標を立てたり、冷蔵庫の裏まで掃除をしたり…したい、私もいつかしてみたい!もう何から手を付けたら良いのか分からない中、これだけは絶対見逃してはならぬ映画に出掛けました。

映画のタイトルは「台湾人生」。

台湾を日本が統治していた時代に青春期を過ごした、台湾のお年寄りのインタビューをまとめたドキュメンタリー映画です。
これ、台湾人のお友達から、「見てみて」とチラシをもらったのですが、チラシをよく見ると…、監督の酒井さん、何度かお会いしたことがある方でびっくり。当時から、「日本統治時代を知る台湾人の方のドキュメンタリー映画を作りたい」とおっしゃっていたのだけれど、それが現実になったということを知りました。これはもう何をおいても行かねば!

15.jpg

当時の台湾人は「日本人」として教育されたのにもかかわらず、二等国民と差別され、でも戦時は「日本人」として戦地に出向き、日本に尽くし、しかし敗戦後はあっさり日本に捨てられ、戦勝国の中国国民党軍から酷い目に遭っています。

「日本に捨てられた」「それに対する謝罪が無い」という怒りと、それでも日本統治時代を懐かしく想う気持ち、「自分は日本人だ」という気持ち。

私も何人か日本統治時代を知る方とお話をしたことがあるのと、台湾にも暮らしていたので非常に身近に感じられる内容です。こうして映画という形で、日本統治時代の方たちのお話が残ったこと、本当に良かったと思います。できる限り多くの日本人にこの映画を見ていただきたい。

この映画を薦めてくれたお友達の感想が、

「台湾人怎麼那麼喜歡日本?!」

訳すと「どうして?!何で?台湾人はそんなに日本が好きなの?!」なのですが、私もこんなに日本から酷い目にあって、それでもまだ日本に対して好きという気持ちも持っていただいているということに対して、まさに同じ感想です。こうしたこと、日本ではあまり知られていないように思います。そして台湾の若い世代にも。

京都は京都シネマで25日まで上映です。サイトでも予告編が見られるので是非見てみてください。