安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

キッチン用品」カテゴリーアーカイブ

家庭用精米機

9月 5th, 2018 in キッチン用品

ツインバードの家庭用のコンパクト精米機、精米御膳をもう何年も愛用しています。




現在販売されているものと型は異なりますが、基本的な機能は同じ。玄米を、分づき米、胚芽米などに簡単に精米することが出来るので、お米を玄米で買ってきて、そのときの気分で好きなように精米して食べています。




よく使うのは、五分搗き米、七分搗き米、胚芽米モード。
くるくるとダイヤルを合わせてスタートボタンを押すだけで簡単に精米できます。




音は、掃除機やミキサーくらいのまあまあ大きな音が出ますが、精米時間は3分くらいなのでそれほど気になりません。
今販売されている機種は更に音が小さくなっているようです。

カゴと、攪拌棒、糠受けの簡単な作りなのでお手入れも楽です。




家で精米すると糠が手に入るのも、ぬか漬けをしているので嬉しいことのひとつです。筍のアク抜きや、大根の下茹でなどにも活躍します。

キッチン家電は買ったものの、上手く使いこなせていないものも結構あるのですが^_^;、精米機は大活躍しています。




価格も1万円もしないので、おすすめです。

セフォラのブラシクリーナー

8月 28th, 2018 in キッチン用品 美容と健康

美容関係の仕事をしている友達から、セフォラに行く機会があったら買ってきてと頼まれていたブラシクリーナー、カラースウィッチ。
なかなか会う機会がなくて頼まれてからお渡しするまでに大分時間が経ってしまいました。


同じブラシでアイシャドーなどのカラーを変えるときに、これでさっさと色を落とすようです。
こんなのあるんですね、知らなかったー。

自分の分も買ってきて使っているのですが、これ、見た瞬間におやっと思ったのは、、、

ブラシを擦るスポンジ部分の作りが、あれにそっくりだということ!





私の愛用している100均のキッチン用速乾スポンジにそっくりではないか!




早速速乾スポンジでブラシをクリーニングしてみたところ、なかなか良さそう。セフォラの商品の方が目が細かいので、より早く落とせる気がしますが、スポンジが白いと落ち具合もよく分かるのでこれはこれで良いかも。

100均で見つけた可愛い缶に詰めてそれっぽくしてみました。




セフォラのものは大が18ドル、小が14ドルもするので、100均DIYでも充分な気も。

お友達にはこの100均バージョンもお渡ししたので、プロによる使用感の差を聞いてみたいと思います。

おすすめ!食器洗剤の自動ディスペンサー

6月 24th, 2018 in キッチン用品

細菌性食中毒が増えてくるこれからの季節、キッチンの衛生状態にはいつも以上に気を使っています。
ここ何年かで急速に増えてきている、センサーで感知するタイプの洗剤ディスペンサー、手洗い用だけでなく、食器洗剤でも利用しています。


私が使っているのはサラヤのディスペンサー。洗面所の手洗いも、食器洗剤もこちらのタイプを愛用しています。

自動洗剤ディスペンサー、これまで海外のものを含めいろいろなタイプを試したのですが、サラヤさんのこのタイプは、洗剤量が2タイプ(多と少)選択出来るところと、大きすぎず、真っ白なのであまりインテリアの邪魔にならないところが気に入っています。


どこにも触れずに洗剤が出てくるのが無菌的で嬉しい。泡タイプなのも洗剤の節約になって良い点です。

家庭の台所、最も菌に汚染されている場所は、蛇口周り、食器洗剤やスポンジ周りだとHACCP講習で教わって以来、シンクまわりの衛生に特に力を入れています。掃除も大事だけど、まず菌を付けないために、なるべく手で触れなくていいような環境づくりを考えています。


最近お気に入りのスポンジは低密度・速乾タイプ。左がセリアで右はダイソーで購入。水がよく切れるので衛生的です。スポンジは安いものを使ってマメに交換するようにしています。

10年目の中川一志郎さんの御飯土鍋

6月 10th, 2018 in キッチン用品

中川一志郎さんの一志郎窯の御飯土鍋を錦市場のPulau decoで買ってから今年で丸10年になります。


途中、蓋を割ってしまって、蓋だけ別注で作っていただきましたが、本体はもうすぐ丸10年。日々美味しいご飯を炊いてくれています。(蓋を割ってしまったとき、一志郎窯に電話したのですが、すぐ対応して作っていただけてそれにも感謝でした)

扱いが雑だったのか、ところどころ欠いてしまったところもあるけれど、鍋自体の風合いが増してきてますます愛着を感じています。

この10年、雑誌の撮影時に小物として使ったり、お料理教室やイベントにもたびたび携えて行ったりと、うちでご飯を炊くだけでなく仕事でも大活躍してくれました。

10年で変わったことといえば、炊飯時間が短くなってきたこと。なぜかは不明なのですが、だんだん火の回りが早くなってきたのか、ご飯が炊ける時間が短くなってきました。今は強火6分、弱火5分の計11分くらいの火入れでごはんが炊きあがります。あっという間にごはんが炊けるのでそれも本当に大助かり。

10年経った今でも、ご飯を炊いたあとの土鍋を少し水に付けておけば、こびりついたご飯もツルリと取れてきれいに簡単に洗えます。
洗う時は、もちろん洗剤は使わず、ダイソーの速乾スポンジを土鍋専用にして使っています。

一志郎窯の炊飯土鍋、今は通販でも買えるみたいですね。しかもこの10年で本体価格(税抜き28,000円)が変わっていないというのも良心的で素晴らしい。色も赤や黒もあるようです。羽釜もすごく色合いや風合いが素敵。

電気釜なら10年も使っていればそろそろ(とっくに?)買い替えですが、この土鍋はまだまだこれからも、20年、30年と大事に使って行きたいと思っています。

一志郎窯のページ

◆豆子郎(とうしろう)

2月 1st, 2011 in キッチン用品 和菓子

お友達から可愛いういろうのお菓子をもらいました。

 

 

丁稚さんのシールが可愛い豆子郎という山口銘菓です。

 

 

中は食べやすいように、小さな包みに小分けされています。

 

 

普通の外郎より瑞々しくなめらかでもっちりしています。美味しい♪

 

 

原材料も余計なものが入って無くていいですね。ういろうは、トレハやグリシンが入っていないものが断然美味しいので、まず買うときはそこをチェックです。
私は食品添加物に関して、否定派ではないのですが、入れなくて良いものに、入れる必要はないという考えです。

 

お茶を入れておく耐熱ガラスのポットが割れてしまったので、新しいのを買いました。キッチン用品はシンプルなもので揃えているのですが、たまには可愛いのもいいなあと思ってこれに。柄が可愛くて、冷蔵庫を開ける度に楽しい気分です。