Monthly Archives: 3月 2009

◆二条の新進亭さん閉店

3月 31st, 2009 in 京都 その他

どんどん桜が開いてきて焦ります。早く桜の名所を回らなければ。

31.jpg
二条通にある、新進亭さんが閉店しました。今年に入ってから、ご主人のアキレス腱手術のためお休みだったのですが、閉店されることになったようで残念です。

a3.jpg

「キアヌ・リーヴスが来た店」というのと、白みそ&野菜たっぷりの中華麺で有名でした。野菜たっぷりの白みそちゃんぽん、私も食べに行きました。

a4.jpg

一乗寺店というのが兄弟店としてあるそうなので、新進亭のファンの方は今後そちらに行ったら良いかも知れませんね。

a1.jpg

今日のおやつは、先日揚げた自家製かき餅。市販の揚げ餅は苦手なのですが、自家製だと油が違うためか、さっぱり揚がるので、美味しく食べられます。

◆本日の桜状況

3月 29th, 2009 in 季節

京都も大分桜が咲き始めました。

f7.jpg

高瀬川のあたりはこんな感じ。

f6.jpg

鴨川沿いは、しだれが綺麗。

f5.jpg
祇園の方へお散歩。途中にある瓦屋さん。京都は、飾り瓦が付いている家が多くて、これを見るのも楽しみのひとつです。

f4.jpg

祇園白川のあたりも、日当たりの良い場所は8分くらい咲いています。

f3.jpg

全体的には、まだこんな感じ。次の週末くらいが見頃かな。

f2.jpg
鴨川にいる鷺は、かなり人に慣れています。この子は、そばでお弁当を食べている家族から、何かもらおうとしていて、自ら人のそばに近付いていました。

f1.jpg

雪柳は今が満開!

a2.jpg

帰り道に、焼き芋(京shuhari、安納黄金)を買って帰りました。エシレバターをたっぷりつけておやつに。

◆自家製ポン酢

3月 26th, 2009 in 料理

WBC日本優勝良かったですね。野球は全く分からないのですが、明るい話題で嬉しくなりました。野球選手も全然知らないのだけど、さすがにイチロー選手は知っています。ものすごく印象深いのは、以前TVで、「毎日、朝兼昼の食事はカレーを食べている。7年間カレーを食べている」「7年も同じもの食べている人いるかな?」と話していたこと。その時、思わずテレビに向かって、「安藤百福さん!」と突っ込んでしまいました。安藤百福さんはインスタントラーメンの開発者で、日清食品の創設者ですが、毎日お昼ごはんに、チキンラーメンを食べていたとのこと。チキンラーメンの商品化成功が、1958年で、安藤氏の逝去が07年ですから、実に50年近く食べていたのでしょうか? 以前やはりTVで安藤氏を特集していたとき、90歳を越えて尚元気凛々で、お昼にチキンラーメンを食べていらした姿が印象的でした。
「毎日同じものを食べて、健康に良いか?」と聞かれたら、同じものばかりではなく、多種類の食品をまんべんなく食べることがリスクの分散になるとお勧めしますが、毎日同じものを食べていても、こうして元気にご活躍の方もいらっしゃるので、やはり一概にこれが正解という食生活は無いと思います。

p2.jpg

無茶々園さんから、橙(だいだい)を取り寄せて、自家製ポン酢を作りました。

p1.jpg

ポン酢づくりのコツは、柑橘を手で搾ること。絞り器などを使って、ギューギュー圧搾すると皮の苦みが出てしまうので、手で贅沢に実が残るくらいに絞るのがポイント。

◆韓国のり

3月 23rd, 2009 in 料理

今日のおやつは、お友達にもらった韓国のりでした。韓国のり大好き。

k2.jpg
美味しい韓国のりでした。ご馳走さま。
ところで韓国のり、自分で簡単に作れるんですよ。といっても、もちろん海苔から作る訳じゃないですけど。普通の海苔に、胡麻油を刷毛でサラーっと塗って、塩をパラパラ振れば、韓国のりになります。海苔の目の粗さはお好みで。これ、私が以前、大久保の韓国料理屋さんに通い詰めていた時分に、お店の片隅でバイトの子が一心不乱に韓国のり作成中のところを見て、「なるほどー、確かに確かに」と、簡単なことなんだけど、気が付かなかったのでいたく感心したことだったんですよね。高級海苔と、香り高い胡麻油を使って自作した韓国(風)海苔で、キムパップ(韓国海苔巻き)をつくると一層美味しいですよ。

◆Schokolade

3月 21st, 2009 in 洋菓子

スイス土産のSprüngli(シュプリュングリ)のチョコレート。日本には上陸していないそうで、私も食べるの初めてでした。

c2.jpg
スイスのチョコレートは、お砂糖多めで、甘味が強いものが多いのですが、これもやや甘め。クセが無く万人に好まれるタイプの味ですね。

c3.jpg
パンフレットがすごく綺麗なんですよ。カカオの写真がバーンと載っています。Sprüngliはチューリッヒ発祥のチョコレート屋さん。チューリッヒはドイツ語圏ですから、チョコレートのことは、「ショコラーデ」ですね。最近久しぶりに会った親戚から、私が子供の頃、チョコレートのことをショコラーデと言っていて、よく食べていたのが印象的だったという思い出話を聞きました。当時チョコレートの一人当たり消費量世界一のドイツに住んでいたので、相当食べていたのかも知れませんね。

c4.jpg
恐ろしいことに、自分では最近までチョコレート好きの自覚はなかったんですけどね。よく思い出をたどってみれば、確かにそこそこ食べていたような。自分でショコラ好きと自覚したのは、大人になって、スウェーデンに住んでから。ヨーロッパの乾燥した気候にチョコレートは良く合うのだと思います。

c1.jpg
ところで、買ってこなくて良いのに、買ってくる夫のヨーロッパ土産第一位はこの、リンツの巨大板チョコです。これね、大体どこの空港でも、2枚買うともれなく1枚がタダになるという、Get 1 free商法が展開されている商品で、3枚買ってくることもあるんですよね。最初に買ってきたとき、大喜びして1日で1枚食べてみせて以来、「重かったよー」と言いながら買ってくるように。あったらあっただけ食べてしまうので、こんな巨大なチョコレート買ってくるのやめてーーーーー。