海外に暮らしていた頃、バレンタインデーには、その国流にお花やプレゼントを用意してくれた夫ですが、日本に帰国後はすっかり日本流。私→夫にチョコレートをあげるという構図でまことに残念。しかし私が用意するなら(どうせ私も食べるし)何かとびきりのものを用意したい。
ショコラティエのショコラは、このこのところデパートの催事などで買いこみ、日々口にしているので、もう少し何か特別なものを、と考えて、私が今日本一お勧めのパティスリー、ラ・スプランドゥールからプラリネショコラのケーキをお取り寄せ。
lsp.jpglsp2.jpg
lsp4.jpgケーキはこのように冷凍状態で宅急便で送られてきます。
これを、そのまま冷蔵庫で4?5時間かけて解凍するだけで、美味しくいただけます♪
プラリネショコラは、濃厚なショコラのムースの中にプラリネのクレームが仕込まれています。土台と、デコレーションの丸い粒々がクリスピーで、濃いクレームにサクサクした歯触りのアクセントが楽しいアントルメ。一切れ目はそのままシャンパーニュと、ふた切れ目は(←え?)いちごと一緒にいただいて幸せ。
ラ・スプランドゥールは2006年7月に東京・久が原にオープンした新進気鋭のパティスリーです。オーナーシェフの藤川さんは、私が遙か昔、一瞬パティシエを目指していた頃、スタージュさせていただいたお店に当時お勤めでした。
スタージュなんて大迷惑だったに違いないのですが、嫌な顔ひとつせず面倒を見てくれた恩人です。
そのころからセンスが良くて繊細な仕事ぶりが素晴らしいなあと尊敬していたのですが、やはり若くして有名パティシエに。
「何用のケーキなの?」の問いに「我が家のバレンタイン用」と答えたところ「自分で作らないの?」って、ひぃぃぃぃ手作りとか思いもつかなかった。
でも夫は、私作より当然断然藤川さんのケーキを喜びます。
lsp6.jpg冷凍ケーキには派手なデコレーションはありませんが(運搬中に崩れてしまうので)、お店で直接求める場合は、このように素敵なデコレーションが施してあります。
京都に越して残念なことのひとつは、ラ・スプランドゥールにお菓子を買いに行けないこと。でも、冷凍OKなケーキや、焼き菓子類は通販出来るのでありがたい?。今回はアントルメだけお願いしましたが、こちらは実は焼き菓子も素晴らしいのです。特別な方へのお遣いものや、自分へのご褒美用などに、全身全霊でお勧めします。

ラ・スプランドゥール(La Splendeur)
東京都大田区南久が原2-1-20
TEL&FAX:03-3752-5119
10:00-19:00 水休
久が原駅降りてすぐ。
電話でお願いすればお取り寄せできます。

Share: