インド料理にはまっております。
カレー、というよりインド料理。スパイスの妙に目覚めました。
2年前にインドに行った時は、体調を崩してあまり食べられなかったのだけど、インドでお世話になった方のご実家でご馳走になったインド家庭料理は大変美味しかった。
思えばあれがインド料理への目覚めだった。

で、最近はいろいろお店を探して食べに行っています。
上は京橋の南インド料理、ダバインディアのお料理。

インドは北側はベジタリアンが多くて、あまりお肉やお魚を使った料理はないらしい。「南インド」は、肉魚ありますよ、の分かりやすいサインでもありますね。

一番最近行ったのはお友達おすすめの、小川町の三燈舎。

インド料理、唯一気になるのは油脂の量や質なのですが、こちらは油脂の量も控えめに感じられ、揚げ物もからっと油切れよく揚がっていて、隅々まで神経が行き届いているようなお料理で、好き!

パリパリのドーサは、中にクミンで炒めたお芋が入っているタイプを選びました。
こんなに大きいのに、サクサクパリパリ、ポテチのように食べ進められてしまうのが怖い。

三燈舎のチャイは提供前に何度か高いところから注いで、空気を含ませる本格派。ラッシーも美味しかったです。
美味しいインド料理屋さんは、ラッシーやチャイも絶対美味しいですね。
ここが簡単にお店の料理への情熱を見極めるポイントなような気がしてます。

インド料理は油脂だけでなく糖質も恐ろしいのだけど、しかし旨さはスパイスにあるので工夫次第でいくらでもヘルシーにも出来そう。
たまーに自分でも、インドで教わったパラクパニールやチャパティなど、油脂控えめにアレンジして作っていますが、スパイスが違うんですよね。インド食材店に行ってみようかな。

Share: