明けましておめでとうございます。今年のお正月、東京はずっと良いお天気がつづき、気持ちも明るく、希望が湧いてくるような晴天のお正月でした。

毎年新年最初に口にするのは桜湯です。

お正月はゆっくり過ごすことが出来ました。お節は紫野和久傳さんのものを伊勢丹でお願いしました。



ひとつひとつ丁寧に作られていて、楽しみながらいただきました。お節は日持たせるために味が濃かったり、添加物が多い場合がありますが、京都のお料理屋さんのものは、味付けも濃すぎず、添加物も必要最低限のものが多いように思います。

和久傳さんのお節の原材料表示。

お正月から美味しいものをいただけて幸せでした。このお正月は、ここ数十年で初めて、まったくお正月のお料理を作らず、何もせず迎えました。お正月のお料理はお節を取り寄せた以外、全部実家の母に丸投げ。

2日からはちょこちょこ料理しましたが、お元日は全く料理せず。しっかり休んでリフレッシュ出来ました。
今年も私生活は手を抜きつつ、お仕事には全力投球で臨みたいと思っております。何とぞお付き合いいただけますようよろしくお願い申し上げます。

Share: