A先生にお誘いいただいて、観たいな?と思っていた映画「ファイティング・シェフ」を観てきました。京都では21日?京都シネマで公開中です。この映画は、2年に1度行われるフランス料理のコンクール「ボキューズ・ドール」で上位入賞を目指す、スペイン代表シェフのドキュメンタリーです。

i11.jpg

私は、料理など芸術性が求められる分野では、competitiveなことはあまり向かないのではないかという思いを持っているのですが、この映画は、何だか素晴らしいスポーツを観戦した後のような爽快感があり心を動かされました。
スペイン代表シェフの「もう限界だと思っても、またその先がある」といったような言葉は、何かに真剣に打ち込んでいる人だけが得られる実感でしょう。どんどんプレゼンテーションが上手になっていく様子なども、見ていて楽しく、実際の大会を見に行ってみたいと思いました。料理に興味がある方にも、無い方にもどちらにもおすすめの映画です。

i9.jpg

すっかりフランス料理気分になったお昼は、京都シネマの入っているCOCON烏丸1Fにあるオー・バカナルでスープランチ。

i8.jpg

これはクロックムッシュ。トーストの大きさそのままに出てくるのも、豪快で、食欲をそそって良いですね。そういえば昔、コルドンブルーに通っていた頃、代官山の駅のそばのカフェ(というか喫茶店)のクロックムッシュがホワイトソースたっぷりで美味しく、足繁く食べに行っていました。お店の名前が思い出せないのですが、まだあるかな?今度代官山に出掛けたら探してみたいと思います。

i5.jpg

そして夜は、素晴らしいものをご馳走になってしまいました♪♪
京都ホテルオークラの桃李で素敵な夕べ。
2004年のMoulin-à-vent。少し熟したガメイ美味しかった~。

i6.jpg

うふふふふふ?。ふかひれです♪

i7.jpg
うつわが、固形ロウであたためられるタイプなので、フツフツと温められたふかひれがいただけます。

i4.jpg

若鶏のパリっと揚げ。甜麺醤と白髪ネギと合わせていただきます。この鶏、非常にうま味があって美味しかったです。

i3.jpg

たけのことしいたけの煮物。味が濃すぎず塩加減が丁度良い塩梅です。

i2.jpg

ビーフン。「食べる辣油」というのをかけていただきました。

i1.jpg
こちらは「究極の杏仁豆腐」。濃厚な杏仁豆腐に、バジルシードのアクセントが効いています。やっぱりオークラの中華は美味しいですね。東京とは違う京都オリジナルメニューもあるそうです。また伺いたいと思います。ご馳走様でした!

楽しい1日でした。毎日こういう日だといいのにな~♪

Share: