安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

You are what you cat. 安中千絵の食ブログ

◆いかすみあたりめ

1月 27th, 2009 in その他 食や栄養のはなし

子どもの頃から、一番好物のおやつはスルメ。でもなかなか近年は食べたいと思うスルメ(やわらかく加工してあるもの)に出会えなくて、もっぱらただイカを干しただけのものをシガシガと食べていることが多かったのですが、ようやく納得いくのスルメ(加工品)に出会えました。

is5.jpg

福楽得の「天然旨味いかすみあたりめ」315円也です。

「あたりめ」は「するめ」をおめでたく言い換えた言葉だそうですね。「するめ」だと「掏る」「擦る」などを連想させるから、「当たりめ」になったそう。

is4.jpg
「三」のこだわりの味付け、が嬉しい(もちろん一、二も嬉しいですけど)。
「アミノ酸調味料」「ステビア」「ソルビット」、が大体市販のさきいか等スルメ加工品には入っているんですよ。これらの味が私は苦手。食品表示にこうした調味料が書かれている食品は、まず買いません。

is1.jpg

生産者の方の写真まで載ってます。

is3.jpgis2.jpg
やわらかくて、食べやすく、昆布だしと椎茸だしが効いた味です。他にも、ここのあたりめ商品は種類がたくさんあります。このうち4種類食べてみましたが、いかすみあたりめが一番のお気に入り。私は藤井大丸で購入しましたが、ネットでもいろいろなところで買えるようです。
ところで、スルメを食べる際の注意点なのですが、それは何といっても塩分が高いこと!この商品は成分表示に100gあたりナトリウム2000gと表示されていますが、これは食塩に換算すると約5.1g。1袋50gだから、1袋食べてしまうと(容易に食べられます…)、約2.6gの食塩(小さじ半杯)をとったことになります。日本人女性の1日の塩分摂取目標値は8gで、普通の食事を3食とっていても8g以内というのは難しい目標値なので、スルメを食べるとかなりオーバーしてしまうことが予想されます。総じて和食は塩分が高く、洋食はそうでもないので、洋食続きの時のおやつに食べると良いかも知れませんね。私自身はなかなかこの点、自分を律することが難しく、ついつい食べてしまうのですが、食べたら、カリウムの多い野菜や果物を沢山食べる、お漬けものは食べない、おみおつけは半分にするなどチマチマ帳尻を合わせの努力をしてます。