安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

You are what you cat. 安中千絵の食ブログ

ヘルシオホットクックに夢中

3月 5th, 2019 in 料理

年末からハマり続けているのが、シャープの自動調理鍋、ヘルシオホットクックです。なんと続けざまに2台買ってしまった。


もともと調理家電は好きで、古くは台湾の大同鍋に始まり、電気圧力鍋などいろいろ買って試してきましたが、上手に活用しきれず、結局使わなくなってしまって今に至るので、ヘルシオホットクックも最初はどうかなー?と思いつつ買ってみたのですが、すごい、すごいよホットクック!
これまでの電気鍋とは一線を画します。
ヘルシオホットクックの何に一番感銘をうけたかって、それはポタージュスープ機能。


雑に切ったかぼちゃや芋などをセットして、ポタージュ機能にしておくだけで(途中でアラームが鳴って、一度牛乳を入れるタイミングがありますが)、なんとなんとなんと!ポタージュが出来るんですよっ!

一体中で何が行われているのか?


かぼちゃはいずこ? どうやってマッシュしてたんだろう?
うっすら玉ねぎのつぶつぶは残りますが、それもやわらかくていい具合です。

ポタージュ作るとしたら、材料を小さめに切って(面倒)、鍋で材料を煮詰めて(こりびりつき必至)、ハンドミキサーでマッシュして(飛び散り必至)、鍋とハンドミキサーの部品等の洗い物が出て、、、というところを、洗うのはこびりつきなしの内釜一個!(細かい部品は食洗機で洗えます)。
火にかけた鍋を見張る必要も無し。

これまでの電気釜とか、電気圧力鍋との圧倒的な違いはこの「かきまぜ機能」ですね。かきまぜ、とソフトな表現だけど、練ったり押しつぶしたり結構激しい動きが出来る模様。これが全然従来品とは違う。普通の掃除機とルンバくらい違う。革命的に違う!

ということを、いたるところで力説しているのですが、あまり伝わらないようで、特に高齢の方には「鍋で作った方が早いし簡単だわ」と言われてしまうのですが、違う、違うんですよーーーー!
私も最初、ホットクック付属のレシピ本見て、「味噌汁25分」ていうのを見たときは、味噌汁作るのに25分かけるなんて時間の無駄と思ったのですが、やってみると勝手に作ってくれるって本当にありがたいんですよね。火のそばに付いていなくて一品作ってくれるって、すごく助かる。キッチンに助手が現れた感じです。最初に炊飯器使った人もこんな気分だったのだろうか…。

ヘルシオホットクックの火入れ、かきまぜ、無水鍋機能の便利さに、キッチンの新時代を感じる、、、ということを多くの方と共感したいのだけど、伝わらない。

適当に素材を入れて放って置いたら出来ちゃうんですよ?


※キノコは低温の方が旨味が出るので、出来上がりに入れて予熱で仕上げています。
勝間和代さんがホットクックに感銘を受けて一冊書いていらっしゃいますが(勝間式食事ハック)、私がホットクックを使ってみる気になったのは、この本を参加している読書会で読んだため。その時は実はそれほどピンと来なかったのですが、かき混ぜ機能がついた調理器は持っていなかったので、試しに買ってみたところどはまりしました。
この便利さ、実際使ってみないとなかなか分からないのかも。
お料理初心者にも、中級者にも上級者にもそれぞれが満足行く使い方が出来る点も優秀だと思います。

1ヶ月禁酒明け

3月 4th, 2019 in お酒 東京

1ヶ月禁酒が終わり、最初に口にしたお酒はシャンパンです。毎年禁酒明けのシャンパンを励みにしているのですが、今年は本当に禁酒期間の1ヶ月があっという間で「もう終わり?」という感じでした。


アピシウスでお友達とデジュネという最高のシチュエーションで今年の禁酒終了です。






アピシウス、久しぶりにお邪魔しましたが、変わらぬ安定感と店内のゴージャスなお花、クラシックなフレンチで落ち着きます。アピシウスのいたるところに置いてある、巨大フルーツのオブジェが大好きで、見ているだけで高まるんですよね(写真ありませんが)。また近く伺えればと思っています。

今年の1ヶ月禁酒の感想ですが、やはり寝れる!ものすごくよく深く眠れて疲れが取れました。顔のむくみも出にくかったかも知れません。でもお食事を美味しく楽しむにはやはり少しお酒があった方がいいですね。これからも健康的にお酒を楽しんで、年に1回禁酒続けていきたいと思います。

今年もやってます。1ヶ月禁酒。

2月 20th, 2019 in お酒

イギリス発祥のムーブメント、 Dry Januaryの影響で初めて1ヶ月禁酒をしてからもう5年が経ちますが、続けています。1年に1ヶ月の禁酒!
日本の場合は、1月は新年会が多いので、大体あまりイベントがない2月に決行しています。

はじめて1ヶ月禁酒を行ったときのブログはこちらこちら

Dry Januaryはイギリスやアメリカではすっかり定着してきたのでしょうか、今はアプリもあるようです。

1ヶ月禁酒で主に得られる健康効果は、血圧の改善、糖尿病予防、体重減少などで、あとは、1ヶ月禁酒後は酒量が減るという効果がなどが客観的な観察としてはあるようです。主観的な効果としては、何と言っても深く眠れるということを感じる人が多いのではないでしょうか。
個人的にもぐっすり眠れて、脳が非常に休まる感じが得られることが、1ヶ月禁酒をする上での最大の楽しみです。この脳が休まる感じが、何というか、ものすごく肩が凝っているときに達人にマッサージを受けるような、脳がもみほぐされるような強い快感があるんですよね…。これって私だけなのか?

5年もやっていると慣れてきて、禁酒期間中にお酒を飲みたいと思う気持ちもそれほど起こらないのですが、ちょっと晩酌したい気分のときに、今年助けられているのがサントリーの南アルプスクラフトスパークリング無糖ジンジャーです。


甘くない無糖ジンジャエール。今までなんで無かったんだろう?


あと、最近はどこの飲食店でも大抵ノンアルビールがあるので、これも乾杯やお食事の雰囲気を壊さず禁酒できる助けになっています。今後も楽しく健康的にお酒と付き合って行くために、1ヶ月禁酒おすすめです。

長崎ランタンフェスティバル

2月 18th, 2019 in その他

長崎は明日までランタンフェスティバルを開催中です。今回はじめてランタンフェスティバルを見たのですが、空港からもうランタンがあって街中で盛り上がっています。


蛇踊りや、中国雑技も。


中華街の赤いランタンは圧巻です。写真が上手に撮れていないのですが、ずーっと遠くまで続くランタンに吸い込まれそうな魅力があります。ランタンフェスティバルのときだけじゃなくて、いつも飾っておけば良いに。


今年の干支の豚。日本では干支が伝わったときに家畜の豚がいなかったためイノシシになったそうですが、他のアジア圏では豚のようですね。


夜の街のいたるところにこうしたランタン飾りが光っていて幻想的。


針金の枠に様々な布を貼っているので、布のテクスチャーによって光沢や柔らかさなどの表現が違い、昼見てもよし、夜見てもよし、どれも本当によく出来ています。


十二支の動物をはじめ、縁起の良いものは何でも、孫悟空や七福神などなど。とにかくいろいろなランタンがあって圧巻でした。ランタンフェスティバルがこんなに素敵とは知りませんでした。これもっと長い期間開催して観光客誘致すれば良いのに。長崎はたくさん観光資源があるのですが、いまひとつ活かしきれてなくてもったいないように思います(これ、日本のどこの観光地にも当てはまることですね。改善の余地、伸びしろ大)。


長崎名物角煮まんじゅうまでランタンに。


夕飯は北村西望先生をフィーチャーしたお部屋がある青柳さんへ。祖父がよくお邪魔していた、古くからあるお店です。



このお椀の字も聖望先生ですね。




長崎のお刺身は最高です。


名物かぶら蒸し。大きなかぶらを丸ごと蒸して、お味噌でいただきます。


陶板展開催中にまた長崎に行きたいと思っています。

富永直樹―陶板の仕事

2月 15th, 2019 in 食とアート

久しぶりに長崎に行ってきました。長崎県美術館で、2月13日から4月21日まで、祖父富永直樹の陶板を展示していただいています。


ちょうどランタンフェスティバルの期間なので、県美術館にもランタンが。


常設展示室第4室に数十点展示していただいています。祖父は彫刻家でしたが、焼物にも興味があったようで、窯を作って陶板に熱中していた時期があり、その頃の作品が集められています。その多くはお客様にお買い上げいただいたものなので、今回の展示会に際しては、個人蔵の作品を貸していただいての開催になりました。
ご協力をいただいた皆様に厚く御礼申し上げます。私ども家族にとっても、久しぶりに見る作品ばかりで懐かしく、こうしてまとまった展示をしていただけたことに感謝です。



私が一番好きな陶板は、鯛焼き。本物そっくりの小鯛焼きが並ぶ作品です。鯛焼き以外にも魚やカニなどもあります。




この他、風景や花、ネコやキリスト教に影響を受けたものなど、さまざまな陶板が展示されております。額装も素晴らしいので、額装に興味がある方もぜひ。4月21日まで開催されておりますので、長崎にお出かけの際はどうぞお立ち寄りください。


屋上や、1階エントランス、2階にも彫刻の常設もございますので、そちらも併せてご覧いただけると嬉しいです。


バタバタと出かけた長崎ですが、長崎名物ちゃんぽんとミルクセーキはしっかり食べてきました。


長崎のミルクセーキは飲み物ではなく、牛乳、たまご、砂糖を混ぜて凍らせて撹拌したもので、アイスクリンのような味わいの氷菓です。あっさりしていてシンプルな味で美味しいですよ。