安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

You are what you cat. 安中千絵の食ブログ

ユッチャン冷麺六本木

2月 4th, 2019 in 東京

ハワイのユッチャン冷麺が、六本木に出店したというので行ってきました。冷麺は黒っぽい、蕎麦粉を使った平壌冷麺が好きなのですが、あんまり日本では平壌冷麺出すお店無いですよね。日本では冷麺と言うと太くて白く、噛みごたえのある冷麺が主流ですが、韓国冷麺には断然細くて黒い麺の方が合うと思っています。


むかーし、ハワイで一度食べたとき、とても美味しいと思ったんですよね。スープが凍ってシャリシャリとフローズンなところが常夏のハワイにぴったりなんですよね。今の季節だと若干凍えるかも、、。


焼肉は、厚切りタン塩が肉厚でジューシー、やわらかくてとても良かったです。

ところで! 
ユッチャン冷麺六本木の店舗は、龍吟が入っていたところなのですが、二階にいたフクロウは一体どこ行ったんだろう?


と思ったら、ちゃんと日比谷ミッドタウンに連れて行ってもらえたそうです。良かった良かった(ような、野生に離してあげた方がいいような気もして複雑)。

うちのおでん

1月 31st, 2019 in 料理

本日放送された「主治医が見つかる診療所」と、昨日発売されたananの両方で、奇しくもおでんの話をしております。おでん、今の季節恋しくなりますよね。
うちのおでんは、出汁は牛すじを煮たスープと、かつおの厚削りで取った出汁を半々にして、味付けは海塩と薄口醤油でスープの色は淡く仕上げます。


卵は半熟が好きなので、半熟たまごをつくって、少しおでんの出汁より塩分を濃い目にしたスープに別に漬けておいて、味付け玉子にして、おでんを食べる直前に入れます。
写真のおでんはお花見のときに作ったので、カラフルなこんにゃくと練り物、プチトマトで、お花見団子風。
おでんはたんぱく質は肉魚介豆とまんべんなく摂れるのですが、どうしてもお野菜が足りないメニューになるので、野菜料理をプラスするようにしています。

「主治医が見つかる診療所」ではブロッコリーを入れることをおすすめしましたが、ブロッコリーは花芽のところに、おでんの出汁がたくさん含まれて、おでんのスープが楽しめるのでおすすめです。収録現場でもブロッコリー美味しいと、スタッフのみなさまにも人気だったんですよ。
楽しい収録で、つい調子に乗ってご一緒した久保田磨希さんのマネをして「美味でございますーーーーっ」というのを録っていたのですが、あれが放映されなくて本当に良かった(^_^;)

anan

1月 30th, 2019 in お仕事

本日発売のananの「痩せる新常識2019」の中の『食べて痩せる』特集で、おやつの食べ方についてコメントしております。


同じ『食べて痩せる』特集の中で、卵やダシを使った「痩せる」お料理、レシピと料理作成は木田マリちゃんが担当です。


マリちゃんの美味しいお料理レシピがたくさんです。

どれも簡単にできて、全部おすすめですが、、、撮影時とにかく人気だったのが、薄焼き卵で巻く生春巻き!


生春巻きの皮で巻くより簡単だし、美味しいかも。生春巻きの皮って、扱いがちょっと難しいですよね。ベタついてしまったり、乾いちゃったり。その点、卵だと作り置きもしておけるし、これはいいアイディアと現場で盛り上がりました。
具の取り合わせもすごく良いし、満足感もあります。詳しいレシピ、ぜひanan御覧くださいませ。

ヴィーガンフレンチ

1月 28th, 2019 in 東京 野菜

ひらまつグループのレストラン、丸ビルのサンス・エ・サヴールでヴィーガンフレンチのランチをいただいてきました。ベジタリアンとひとくちに言っても、今は細かく細分化していますが、乳製品や卵などはもちろん、ハチミツも一切使用しない最もストイックなベジタリアンがヴィーガンです。

なぜヴィーガンでハチミツがNGとされているかというと、蜂の食べものを横取りしたり、養蜂が蜂に過剰な労働を強いたりすることに繋がり、動物愛護という観点から見てダメと考えるそう。

ヴィーガン食はフレンチに欠かせない、バターやチーズも使えないので、一体どんなフレンチが出てくるのか興味津々でした。


アヴァン・アミューズはオリーブ。ピンクのぷちぷちは、オーストラリア原産のフィンガーライムという、ライムの一種です。見た目がキャビアみたいなので、キャビアライムと言われたりもします。まだまだ値段が高いので、フレンチなど一部でしか見かけませんが、これ、自分でも簡単に育てられるらしいので、そのうちもっと流行るかも?
畑のキャビア、とんぶりよりフレンチ向きで良いですね。
下に敷いてあるお豆は飾りで食べられません。


アミューズは、パプリカのピュレと、キヌア、タイム風味のグラニテのパフェ。


アントレは、アボカドのフライとフムス、ビーツのコンポートなど。


お魚料理の代わりに、アスパラガスを温かいグレープフルーツのソースで。


お肉料理の代わりは、本しめじのグリルをメインに、赤米のもち米を添えて。ここに泡立てたきのこのスープをかけていただきました。
お魚料理までは、「ずーっと前菜を食べている感じ」「美味しいけどお腹がいっぱいになるのか不安」という感じだったのですが、赤米のもち米ときのこの旨味で一気に満足度アップの一品でした。


デザートのジュレ。ジュレもゼラチンがヴィーガンは使えないので、パールアガー使用。

ヴィーガンフレンチ、食べる前は、「ヴィーガン料理だから、豆とナッツ、油でボリューム感とコクを出してくるのだろう」と予想していたのですが、予想より遥かに繊細、かつ、素材の持ち味と旨味の組み合わせが素晴らしく、フレンチシェフの妙に痺れました。

しかも食べた後、ヴィーガンフレンチは胃にも優しく、身体も軽く、フレンチを食べた後の「今日は夕飯抜きだな」という重さがなく、フレンチのヴィーガンコースはヴィーガンでない方にもおすすめ!

弊社では、近年外国のお客様対応でヴィーガンレシピを作る機会もあるのですが、もっともっと植物性食品への知識を深めなければと思いを新たにしています。

VIRONのタルトタタン

1月 24th, 2019 in スウィーツ

ヴィロンのタルトタタン、久しぶりにタルトタタンで感動しました。温めていただいて、生クリーム追加がおすすめです!


大ぶりですが、甘すぎず、ほどよく酸味もあるので一人で食べ切れると思います。タルトタタン好きの方はぜひ!