昨日は銀座に出かけたので、AKOMEYAさんでお昼をいただいてきました。

IMG_1513

小鉢のランチをお願いしましたが、一品一品が丁寧に作られていて、だしのお味も濃く大満足のお昼ごはんでした。

IMG_1512

1800円だったのですが、費用対効果抜群でおすすめです。

IMG_1514

お茶はぶどうの木へ。移転してはじめて行きました。
ケーキとワインが選べるセット。クレマンダルザスと、プラムのクリームが入ったシューにしました。こちらも費用対効果素晴らしいセットで、ゆっくり楽しみました。

今日のお店選び大正解だったわ〜と、喜びながら最後にお茶に入った有楽町のお店でのこと。
メニューに書いてなかった、アイスロイヤルミルクティーがあるか給仕の方に伺ったところ、「有ります」とのことで、茶葉を3種類から選べて、私はアッサム、友人はダージリンをお願いしました。

ほどなく、給仕の方が、「厨房の者が、ロイヤルミルクティーはおすすめ出来ないと言っているのですが、どうしますか?」と聞きにきて

どう答えていいか分からなくて、「メニューにないんですか?」と聞くと、「ご用意ございます」とのこと。
「おすすめ出来ないって、不味いってことですか?」
と友人が聞くとまあそうだといった雰囲気。

「牛乳と紅茶で、不味くなりようがないと思いますけど、、」と言ったら、
「あ、じゃあ分かりました」と感じ悪く言われて、一体何だったんだろう、と不安になっていたところ、本当に「これはおすすめ出来ないだろうなー」というアイスロイヤルミルクティー(とは言えない)代物が出てきて驚きました。
氷で薄まった牛乳の遠くに、かすかに紅茶を感じる飲み物といった感じ。
茶葉とか何のために聞いたんだろ(*_*)

こんなの出しちゃダメだろー!と怒髪天だったのですが、すべてに(自分のところで作って出すものを「おすすめ出来ない」ってそもそも何なんだ)あまりにも呆れたので、もうこのお店の人に何を言っても無駄だと諦めてしょんぼり帰ってきました。

とてもおしゃれで気に入っていたお店なので本当にガッカリ。ということをここに記したくなるほど、今朝起きても未だ「あんなロイヤルミルクティーないだろー!」と食い物の恨みに支配されています。

Share: