ボジョレー解禁日に、ボジョレーとお食事を楽しむ会にお誘いいただいて、四条新町のDAIJOさんへ。

b1.jpgb2.jpg

昨年フランスへ味覚研修をご一緒した方が多く、フランスの思い出話に花が咲きます。まずはフルーティーで軽いものから。

b3.jpgb4.jpg

お造り、串に刺してあるのはふぐ。カキのフライは、アボカドのディップとポン酢で。

b5.jpgb6.jpg

先ほどのものより若干重みのあるものへ。2008年のワインは当たりかも。

b7.jpgb8.jpg

フォアグラ大根の甘味はメープルシロップで(合います)。お茄子を柿のソースで。

b9.jpgb10.jpg

更にしっかりしたものに移行して、鴨と。

b11.jpgb12.jpg

デセールはアップルパイと栗のアイスで秋満喫。

b13.jpg

いただいたのは、 CAVE DES VIGNERONS DE BEL AIR 社の3種。カーヴドベレール社はボジョレーを専門とする生産者だそうです。ボジョレーヌーボーは味を楽しむというより、その年のワインの出来を見るワイン、というイメージですが、いただいたワインは充分美味しかったですよ。美味しいものと楽しい会話で至福のひとときでした。

Share: