Monthly Archives: 5月 2008

◆岩さきでお昼

5月 31st, 2008 in 京都 和食

かねてから気になっていた岩さきさんに伺ってきました。

iwasaki1.jpgiwasaki2.jpg
先付けは、蛸ときゅうりに白きくらげと梅肉が涼しい一皿。食べ終えると可愛いお魚が現れます。私はこういう意匠のお皿が好きなので嬉しい。

iwasaki3.jpgiwasaki4.jpg たまご豆腐と抹茶の魚そうめん。お出汁が素晴らしく、生きていて良かった…(美味しいお出汁をいただくと必ずこの言葉が出てしまいます)とひとしきり感激。iwasaki5.jpg おつくりは鯛とまぐろ。薬味の下のわさびと和えながらいただきます。
もずくと細い稲庭うどん。
この稲庭うどん、初めて食べる細さでした。食感や細さはちょうど半田素麺くらい。どこのものかお聞きしなかったことが悔やまれます。これまたお出汁が美味しくて幸せ。

iwasaki6.jpg 焼きあなごとお茄子のあんかけ。あなごはふっくら、茄子もジューシー、葛あんもお味が良くて、そこに木の芽が利いています。ああ、また食べたい…。

iwasaki7.jpgiwasaki8.jpg
お米はお釜で炊いた炊きたてのもの。ご主人のご実家でつくられている「キネヒカリ(だったと思います)」とのこと。やや小粒で細身のやさしいお味のお米です。最後は水菓子で〆。
この日は、夜重い食事をする予定があったので、一番軽いお昼のコース(3500円くらいだったような)をいただいたのですが、お腹はちょうど良く満たされ、心は大満足でした。

岩さき
京都市中京区釜座通御池上ル723
TEL:075-212-7800
12:00-14:00 18:00-21:00
要予約

◆うね乃のおだし

5月 30th, 2008 in その他

美味しいものに精通しているお友達からお勧めされて「うね乃」のおだしを試しに買ってみました。

uneno1.jpguneno2.jpg
京のだしはめんつゆ。甘味が控えめでキリッとしたお味で好みでした。冬場などめんつゆを常時作り置きしてないとき用に用意しておくと便利そう。
私は食べることに関しては非常にマメで、お料理に合わせて出汁の配合を考えるのが楽しみなので、だしパックをお料理に使うことはまず無いと思うのだけど、アウトドアでお料理するときとか、海外に住んでいるお友達へのお土産にとても良いかも。

uneno3.jpguneno4.jpg

うね乃
上記サイトからお取り寄せも出来ます。
京のだしは630円(税込)、だしパックは1050円(税込)。
京都では、私の知る限りでは藤井大丸のタベルトに常時置いてあります。

◆コルゲート

5月 29th, 2008 in 美容と健康

食べものの話では無いのだけれど、毎日口にいれるものなので、味がやっぱり気になるのは歯磨き粉。

colgate1.jpg
私が好きなのはコルゲートの味。ミントと甘味のバランスが良く、磨いたあとスッキリさわやかな気分になれるのでお気に入りです。海外だとコルゲートも種類が豊富。渡航先でのコルゲート探しも楽しみのひとつになっています。ここ最近は北米圏のコルゲートを使用中。

「80歳で20本、自分の歯を保とう」という、厚労省と日本歯科医師会が行っている、8020(ハチマルニイマル)運動がありますが、この「20」本という数字は、何でも噛んで食べられるという状態に必要な歯の本数だそう。実際に、80歳以上で20本以上の自歯を持つ方は2割位のようなので、結構難しいことみたいですね。
末永く自分の歯で美味しく食べていきたいので、歯磨きとフロスを頑張らねば。現在私の自歯は27本(普通は28-32本)と普通の方よりすでに少ないので、何とかここから1本も失わないようにしないと。

8020推進財団

◆男前豆腐

5月 28th, 2008 in 京都 その他

奇抜なネーミングとパッケージのグラフィックで有名な、男前豆腐株式会社の本社は京都なんですね。最近知りました。あまりにもイメージと違って、何となく波乗りジョニーから、神奈川か千葉に本社があるイメージだったので。そういうえば東京より京都の方が商品が充実してるかな?(単に利用してる小売店の仕入れの違いな気もしますが)

otokomae.jpg
写真は最近、ひとりご飯の時用にと買ってみた、「日本列島改造豆腐」(これまたすごい名前)。男前豆腐店の他の商品と同じように甘く、もっちりした食感でおやつ的な味わい。名前と同様お味も非京都的かな。

男前豆腐株式会社
サイトもこれまた非京都的!

◆想いやり牛乳

5月 27th, 2008 in 食や栄養のはなし

omoiyari.jpg想いやり牛乳は、日本で唯一生のまま(加熱殺菌する必要がない)飲める牛乳だそう。京都では私の知る限り、藤井大丸のタベルトに毎土曜日入荷します。
濃厚でやわらかい口当たり。
私は絞り立ての牛乳を飲んだことがないので、「こういう味なのかな?」と思いを馳せながら、ありがたくいただいています。
嬉しいことに下記サイトからお取り寄せもできるようです。

想いやりファーム

ところで牛乳ですが、一時期話題になった牛乳有害説、まだ時々ご質問をうけることがあります。
大別すると良く聞かれるのは以下の三つ。
○牛乳を飲むと骨粗鬆症になる? ○牛乳はがんの原因になる? ○ホモナイズ、高温殺菌牛乳は良くないのか?
まず○牛乳を飲むと骨粗鬆症になるか?に関しては科学的にこの説を肯定するに足る根拠は乏しいと思います。もともと、牛乳を多く消費する国に骨折が多い、という研究が根拠とされているようですが、この研究では骨の形成にかかわる日照時間に関して考慮されていませんし、人種による骨格の違いに関しても考慮されていないので根拠としては弱いでしょう。

○牛乳をとるとがんの原因になる?に関しては、2007年世界がん研究基金発表のレポート(1960年以降に行われた研究50万件超から7000件を解析したもので、このレポートが疫学界では主流見解となります)によれば、牛乳の摂取はおそらく結腸がん、直腸がんのリスク軽減につながるであろうというのが牛乳に関する見解で、牛乳ががんのリスクを高めるという見解は持たれていません。

さて○ホモナイズ、高温殺菌牛乳に関してですが、もちろん美味しさを大切にするなら、想いやり牛乳のような絞り立てや、なるべく手を加えていないものの方が良いかも知れません。ただ、多くの人々が、安定して安価で栄養の高い食品を得られるようにするというのは、非常に重要なことです。もちろん利益ばかりが先行し、乳牛に過剰な負荷がかかることはくい止めなければならないと思いますが、どこにいても安価に牛乳を手にすることが出来るということもまた、私たちにとって生命をつないでいく上で価値あることと思っています。

どんな食品もそうですが、過ぎれば健康を害しますし、人によって体質や体調に考慮して食品を選ぶことは必要(体質に合わないものを無理に食べる必要はもちろんありません)。
「○○は身体に悪い」と短絡的な受け止め方は賛成できませんし、長きに渡って人々が食べ、命を繋いできた食品に関しては特に、科学的研究も、複数の長期疫学研究のエビデンスを重んじたいと考えています。