東京の老舗洋食屋のひとつ、たいめいけんに行ってきました。日本橋のお店のビルが年内に取り壊されてしまうそうで、その前にと思い出かけてみました。

私が大学時代くらいに洋食屋さんブームがあり、たいめいけんや、香味屋、煉瓦亭、満点星などが人気で、よく行っていましたが、最近はめっきりご無沙汰でした。

たいめいけん名物ボルシチ。

ボルシチっぽい野菜スープですが、驚くべきことに50円。ちなみにコールスローサラダも50円。

別に野菜サラダも頼みました。ホワイトアスパラとポテサラ、ゆで卵と、この昭和っぽさが沁みますね。昭和のサラダはこうだった。

たいめいけんは、伊丹十三監督作品「たんぽぽ」に出てくる、ごはんの上に中が半熟のオムレツを乗せて、それを開いて食べるというオムライスの撮影が行われたところなので、オムライスが有名。
卵3個を使ったふんわりオムレツが乗ったボリューム満点の「たんぽぽオムライス」がやはり一番人気のようで、店内の人はこれを頼んでいる人が多かったです。
とにかくボリュームがあるので、女性で完食は難しいかも。店内は平日のランチタイムだったこともあり近隣のオフィスワーカーっぽい方で一杯でした。長年日本橋のオフィスのみなさんの、たまのお楽しみ贅沢ランチとして愛され続けているお店と感じました。

私は今回迷いに迷ってビーフシチューにしました。どうしても自分で作るには手間がかかるものを選んでしまいます。

これもまた昭和っぽいビーフシチューです。店内の雰囲気も昭和感満載のなのですが、新しいビルになったらどんな雰囲気になるんでしょうね。

調度品などはそのまま使って雰囲気を残すのかも知れませんね。タイルの仕切りとか再現して欲しい。新店舗は5年後くらいに完成で、それまで仮店舗で営業になるそうです。

Share: