タイに行くとそこかしこで見かける紫色のレモネード。機内サービスでも用意されています。

スナック菓子のパッケージにもデザインされているところを見ると、国民的飲料なのでしょうか。

この紫の飲み物は、バタフライピーという蝶豆の花を乾燥させたものを使って作られています。バタフライピーの花はアントシアニンが豊富で、このブルーの色はアントシアニンによるものだそう。

鮮やかなブルーになるので、SNS映えすることからブルーハーブティーとして近年注目されているようですね。

私も今回タイで買ってきました。

乾燥させたバタフライピーの花と、烏龍茶にバタフライピーをブレンドしたものを購入。

普通のスーパーのようなところでは売られておらず、観光客向けコーナーに置いてあるので、実際に地元の人は普段はあまり使わないのかもしれません。

バタフライピーの花を乾燥させたもの。枝豆のような香りがします。

ティーポットに2つくらで真っ青に。
お湯出しだとあっという間に色が出ますが、水出しでも時間がかかるだけで色は出ます。

そのまま飲むと、うっすら豆っぽい香りと味です。

これに、レモンなどの酸を足すとPHの変化により色があざやかな紫に。

メープルシロップのゴールデンとレモンを入れてレモネードにしてみました。青だと何となく飲むのが恐ろしく感じますが、紫だとありがたい飲みのもののように感じる不思議さよ。

烏龍茶に混ぜた方は、烏龍茶が茶葉より枝の方が多く入ってるような品質だったのでちょっと失敗^_^;

自分で手持ちの烏龍茶にバタフライピーを混ぜたほうが良かったみたい。

水出ししましたが、色がコバルトグリーンに。お茶の成分と反応して少し緑になるようです。
何となく本能的に飲むのに抵抗を感じましたが、味は普通の水出し烏龍茶です。
この酷暑には涼し気で良いかも。

Share: