安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

スウェーデン」カテゴリーアーカイブ

ストックホルムで外せないカフェ

11月 15th, 2019 in スウェーデン

おそらくストックホルムで一番有名なカフェは、Vete-Katten(ヴェーテカッテン)だと思われます。あらゆるガイドブックやサイトにおすすめカフェとして掲載されていますが、やっぱり一番おすすめ。


100年近く前からある老舗カフェで、ケーキや菓子パンが美味しいカフェですが、軽食もいただけます。店内には、趣が異なるいくつかの部屋があって、それぞれ全く違った雰囲気でお茶できます。


スウェーデンの名物ケーキ、プリンセストルテはここのか、NKのが好き。


店内のセルフサービスのコーヒーコーナーも可愛いです。ちなみにスウェーデンは基本的にコーヒーのおかわり自由。

店名の「カッテン」は、猫という意味なのですが、店内のいたるところに猫のオブジェがあります。


中庭のブロンズの猫は、思わず本物の猫かと思うような場所にいて、お客さんのお食事風景を覗いています。

場所も中央駅そば、デパートの近くと立地が良くて一人でも入りやすいので、旅行や出張中のランチ、軽い夕飯なんかに立ち寄るのもおすすめです。


相変わらず人気のようで、店の敷地も拡張されて、更に中央駅や病院内などに支店も出来ていました。


観光ガイドなどで有名だと、「みんなが行く店に行ってもなー」「地元の人しか行かないような秘密の場所を見つけたい」という気持ちが生まれたりしますが(私は特にそう)、ヴェーテカッテンは絶対に行くべし!
ストックホルムっ子にも愛されているストックホルム観光で外せないカフェです。

ローゼンダールガーデン

11月 13th, 2019 in スウェーデン

ストックホルム観光で外せない場所、それはユールゴーデン島です。島といっても中心部からすぐ、新宿駅と新宿御苑くらいの距離感なので、絶対に行くべし。

ユールゴーデンの中でもオススメは、Rosendals Trädgård(ローゼンダールス トレーゴード、日本ではローゼンダールガーデンと訳されているようです)。お花や自然風の庭が好きな方に特におすすめです。私はストックホルムの観光地の中で一番好き(ただし、5月〜9月くらいの気候が良いとき)


現地の人にも人気のオーガニックカフェがあって食事も出来ますし、可愛いものが売っているギフトショップ、園芸用品が売っているところと、有料でお花が摘める庭などがあります。


お食事もケーキ類もどれも外れなく美味しいです。外に食べられるそれぞれ趣が違う場所がたくさんあって、緑に囲まれてお食事が出来ます。
9月に行ったので、スウェーデンはもうどっぷり秋の雰囲気で写真も秋っぽいムードですが、7月くらいに行くとこの世の楽園です。



ギフトショップも充実していて、石窯で焼いたパンや、食べ物系のお土産も揃っています。今回はローゼンダールガーデン産の蜂蜜を買ってみました。


写真中央が、ローゼンダールのはちみつです。スウェーデンの蜂蜜はとても美味しいのでお土産におすすめなのですが、このローゼンダールのはちみつ、非常に花の香り豊かで、なんとも言えない上品な味わいで素晴らしいです。もっと買えばよかった。蜂蜜好きな方は必買!


お花畑やハーブガーデンがたくさんあるので、素晴らしい香りになるんでしょうね。

ちなみにユールゴーデン島から対岸の景色を見るとこんな感じです。


北欧の森でのちょっとしたお散歩気分も楽しめますし、スカンセンのあたりはお花もゴージャス。



これぞスウェーデンという景色が楽しめる場所なので、ストックホルムに行く機会があったらぜひ足を運んでみてください。ちなみに中心部から近いのですが、ローゼンダールは公共交通で行くにはやや不便なところなので、私はUberを使いました。

スウェーデンでもUberがとても便利に使えます。あと、レンタサイクルやレンタルキックボードも、ストックホルムは非常に充実しているで、そういうので行くのも楽しくて良いかも。


キックボード、本当に流行っていました。私も滞在中何度か乗ってみましたが、電動で思いの外スピードが出るので結構怖い。事故も多いそうなので、街中より、ユールゴーデンのような交通量少ないところでトライしてみるのも良いかも。


トラムでDjurgårdsbron駅まで行って、駅前でキックボードを借りていくのが楽しいかもしれませんね。

ストックホルムレストラン事情

11月 12th, 2019 in スウェーデン

スウェーデンから帰国してあっという間に10年以上経ってしまいました。9月に久しぶりにストックホルムに行って参りました。

街全体の雰囲気はさほど変わりはなかったものの、レストラン事情はガラッと変わっていてびっくり。


飲食店の数もバラエティーも増えましたが、何が増えたって、オープンカフェ!いたるところ、オープンカフェだらけに。
スウェーデンは5月〜9月くらいまでは本当に気持ちいい季節なので、オープンカフェで過ごすのは気持ちよくて最高です。私が住んでいたころももっとあったら楽しかっただろうなー、と思いつつ色々なオープンカフェを楽しんできました。

ところで、このブログにだいぶ昔にストックホルムのレストラン事情について書いているのですが、もう全然変わってしまっていました。おすすめしたレストランのほとんどが、無くなっていたり、業態変更したり、シェフが変わっていたりで、もうオススメできないところも。

Östermalm(オスターマルム)のサルハルなんて、補修中で移動していたし。


Bernsのダイニングはアジア料理に業態変更だし、本当に10年で変わりました。

いくつか変わらず、もしくは更に進化しているお店もあったのですが、それままた別に書くとして、今回現地の友人に連れて行ってもらったり、自分の勘で入ったり、トリップアドバイザーを参考にしたり、いろいろなお店に行った感触としては、イタリアンのお店は比較的美味しいお店が多そうでした。


せっかくスウェーデンに行ったのにイタリアン?という感じかもしれませんが、スウェーデン料理ってそんなにないんですよね。スウェーデン人はパスタとかピザとか大好きなのもあって、イタリアンは結構充実してます。

スウェーデンの代表料理のひとつのピースープはこんな感じ。


ピースープはスウェーデン人が木曜日に食べる料理。つい懐かしくて食べました。

スウェーデン料理を食べるなら、ミートボールが個人的にはおすすめです。


あとは海鮮料理。市場(サルハル)で食べるのが、素材も選べて楽しいと思います。NKデパートの地下に出来ていたサルハルなども、観光客的には場所が良くてキレイだし、選びやすくておすすめと思いました。



NKのサルハルではザリガニを選んで食べてきました。グラム単位で注文できるし、調理法などもある程度対応してくれるようです。

スウェーデンのはなし、何日か続けます。

ノーベルディナー

12月 11th, 2018 in スウェーデン

今朝は朝のニュースからノーベル賞授賞式とノーベルディナーの様子が放映されていましたね。ノーベル賞授賞式の様子、毎年楽しみにしています。

ノーベル賞の晩餐会が行われる市庁舎は、ノーベルディナー以外にもパーティー会場などに使われる場所で、私も学位授与式に行ったことがあります。


ノーベルディナーと同様に、前菜、メイン、デザートの簡単なコースがふるまわれます。ノーベルディナーは、市庁舎のレストランで普段から食べることができるので、ご興味のある方はストックホルム観光に行った際にチャレンジしてみると良いかと思います。
大人数に一斉にふるまう料理なので、比較的簡単かつ冷たいものが多い印象です。
でも私が最後に食べたのはもう10年くらい前なので今は少し改善されているかも知れません。

普段、スウェーデン人は日本人よりずっとカジュアルで、ドレスコードがあるお店も少なく、結婚式にデニムで現れる人がいるくらいのお国柄なのですが(※デニムはスウェーデン人にとっては結構おしゃれ着という位置付け)、いざという時はやはりヨーロッパ、がっちりドレスコードがあて、みんな遵守してきます。


正式晩餐会はホワイトタイ。日本ではドレスコードでホワイトタイってまず聞きませんよね。スウェーデンはちょっとあらたまった式典はホワイトタイにスワローテイルがドレスコードです。みんな貸衣装屋さんで借りるんですけどね。

今頃のストックホルムはもう大分寒いはず。どのくらい寒いかと言うと、朝のスキー場くらいの寒さかと思います。そして日照時間が短くて真っ暗。ノーベル賞関連の放送を見ながらスウェーデンを懐かしく思い出しています。

Köttbullar och Prinsesstårta

12月 7th, 2018 in スウェーデン

年に1度くらいIKEAに行くのですが、IKEAのカフェテリアで必ず食べるのが、Köttbullar och Prinsesstårta、ミートボールとプリンセスケーキです。日本のIKEAにはカレーほかいろいろなメニューがあっていつも迷うのですが、やっぱりミートボールになってしまいます。

スウェーデンでも本当によく食べた、スウェーデン人にとってのカレーや寿司のような国民食です。


プリンセスケーキも、日本でいうとショートケーキ的な、最もメジャーなケーキです。スタンダードなプリンセスケーキは緑色です。IKEAは季節で色を変えているのかな?


弊社は、私が足掛け8年スウェーデンで暮らしていたこともあり、北欧スタイルのフードコーディネートを得意としております。また、スタイリングだけでなく、北欧のライフスタイル、食材、食文化全般に渡って精通しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから