安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

You are what you cat. 安中千絵の食ブログ

◆京都タカシマヤ 鼎泰豐(ディンタイフォン)

6月 23rd, 2008 in 京都 中華

珍しく京都タカシマヤの3階を通ったら!
なんと! 鼎泰豐(ディンタイフォン)があるではありませんか!
京都に住まって1年ちょっと。来る日も来る日もタカシマヤに出掛けていたのに気が付きませんでした。日本の鼎泰豐は新宿タカシマヤ店に行ったことがあります。台湾の鼎泰豐との違いにがっくりきてその後行っていなかったのですが、
京都に!鼎泰豐が!という驚きと、食事時を過ぎていたせいかガラガラだったのでつい入ってしまいました。
(台湾で赤坂ラーメンや麻布茶房に思わず入ってしまう心理と同じ)

d0.jpgd1.jpg
私が台湾の鼎泰豐で必ず頼むのはこの小菜。が、日本のものとは味付け、素材全然違うんですよね。台湾のものは、もっともやしがたっぷりで歯ごたえが楽しく、ごま油が香るあっさりした味付け。微妙に似ているだけに残念気分が高まります。あと大きな違いはショウガ!日本のはこれっぽっち!もっとシャリシャリした細切りを山盛りお願いします!

d2.jpgd4.jpg
肉入り小籠包(ショウロンポウ)と餡入り小籠包。私は餡入りも好きで、紫芋の餡入りを台湾では必ず食べてます。

d3.jpg
小籠包のつけダレは調合済みなんですよね。黒酢、紅酢等、台湾のように取りそろえて選ばせてもらいたいけど日本の風習には馴染まないのかな。
台湾の小籠包と何が一番違うって肉の味。台湾の小籠包はジューシーかつ獣臭さがうすく、さっぱりしているんですよね。日本とは素材も物価も違うから仕方ないですね。

ところで台湾の鼎泰豐、高い、もっと美味しい店がある等喧々諤々言われていますが、確かに台湾の相場より値は張りますが、やはり美味しいと思います。鼎泰豐は小籠包はもちろんですが、何といっても酸辛湯が美味しいので、台湾に行かれる方は是非。
私自身が台湾で小籠包を食べるときは大体、上海湯包(これも日本に上陸してるんですね!)に行きます。ここは店内が綺麗なのと、全体的にあっさりした味付けで、小籠包も鼎泰豐よりも軽い味で女性向きだと思います。他のメニュー(特に東坡肉)も充実でお勧めですよ。この他台湾では、小籠包はどこでも食べてもそこそこ美味しいので後は好みだと思います。屋台でも充分美味しいですよ。