少し前のニュースで、愛知県のおせんべい屋さんが自社用に備蓄していたマスクを、地元の医療機関に大量に寄付したということを知り、一体そのおせんべい屋さんはどんなものを作っているのか気になり、早速取り寄せてみました。
ちなみに2009年のインフルエンザ流行の時にマスクの必要性を感じ備蓄されていたそうです。備蓄をしておいた先見性と、医療機関に寄付するという決断力、行動力が素晴らしいですね。

8種のえびせんが入った小袋ミックスをお願いしてみました。

えびちり、のり、甘辛、わさび、すみ、七味、うめ、ごまの8種類の小袋がたくさん入っています。一袋はとても小さくて、中に入っているおせんべいも大さじ1杯分くらい。

何種類かをお皿に出して、味をミックスしながら食べるのにはまっています。

色合いも綺麗でかわいらしく、大きさが小さいのでちょっとしたおやつに最適です。
1袋に入っているおせんべいは6gくらいなので、1袋25kcalくらいですね。

地元で愛されているおせんべい屋さんだそうです。
えびせんべいの里のオンライショップはこちらです。

Share: