今日の東京は、ぽかぽか陽気の春らしいお天気です。つい先日豆まきしたと思ったら、もう桃の節句。本当に早いですね。新コロ騒動で気持ちが落ち着かないこの頃ですが、今日はちらし寿司など作って、ひな祭り気分に浸りたいと思っています。
ひな祭りの何か良い写真がないかなとフォルダを探したら、京都に住んでいた頃の素敵な写真が。

ばばーーん。茨木屋さんのひな蒲鉾。

桜餅、かと思いきや、これも蒲鉾。京都の街はぷらぷら歩いているだけで季節感の溢れる演出が多く見られて楽しいところです。茨木屋さんのかまぼこ、今はオンラインショップでも買えるんですね。茨木屋ネットひなかまぼこも載っています。ひとつひとつがみな可愛い。

写真を漁っていたらむかしむかしのひなまつりの写真も出てきました。

私が幼稚園くらいのときなので、およそ40年ほど前の写真。
1970年代の日本では、まだネットもなく、娯楽も少なかったので、節句は非日常でハレの日。かように家に親戚が集って茶会のまねごとをしたりして、庶民は日々の生活を盛り上げ、子供の成長や長寿をことほいでいたのです。
というキャプションがつきそうな古さで震える。

女系4代。私、ダイアナエクストラバガンザさんのお着物の着こなしが大好きなのですが、それは祖母を彷彿とさせるからではないかと思われます。

Share: