安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

You are what you cat. 安中千絵の食ブログ

Oculus Questで運動しようとして失敗したはなし

8月 1st, 2019 in エンターテインメント

家にいながら楽しく、遊んでいるうちに運動できたらどんなに良いでしょう。という願いを託してOculus Quest(オキュラスクエスト)の購入に踏み切りました。しかし2つの理由から早速離脱。

現在オキュラスクエストで遊べる、フィットネスゲームは、下記の3つではないかと思います。

☆ビートセーバー
☆ダンスセントラル
☆スポーツスクランブル

この中でも私がやりたかったのが、スポーツスクランブルのテニス。もともとテニスが好きなので、家の中でちょっとした隙間時間にテニスが楽しめて、さらにそれが運動量増加につながったら最高!と思って早速ダウンロードしてみました。

VRゲーム自体初めてだったので、その視界の広さや映像にはびっくり!しかもボールを打つ感覚などもコントローラーを通して振動で伝わってくるのが結構リアルでテニスをしている感じがあって楽しい!

離脱の理由① 運動になっていない疑惑

これ結構運動にもなるんじゃないの?と期待したのですが、私が常日頃装着しているウェアラブルウオッチ、GARMINはこの動きを少しも計測せず……


愛用しているGarmin fenix5S は大変優秀で、自転車に乗れば勝手に自転車に乗ったと判断し、運動すれば勝手に運動したと判断してエネルギー消費を推測してくれる優れものです。

しかし、スポーツスクランブルで遊んでも、ビートセーバーで遊んでもピクリとも計測されない…
遊んでいる体感としては、たしかに上半身を振り回している感じはあるけれど、実際にテニスをしている時のように、走ったり、急に止まったり、滑り込んで足を踏ん張ったり、といった動きはゼロ。
テニスって、あの走っているとこがやっぱり一番運動消費になってるんだろうなあ。

オキュラスで遊んでいる人を傍から見ても、動いていると言っても、実際の運動に比べれば全然だし、全く運動しないよりは多少効果はあるかも知れませんが、同じ時間ウォーキングにでも出かけたほうが消費量は確実に高そう。
外の空気を吸って、ついでに買い物でもしてくれば一石二鳥だから、私のライフスタイルにはオキュラスより散歩の方が合ってるかも。
ダンスは試していないのですが、ダンスは全身使うから、もしかしたらある程度の運動量にカウントされるかも知れませんね。でもダンスもおそらくVR無しで踊る方が、活動量は高いでしょう。はやり視界を制限されていると動ける範囲が狭く、ゴーグルも重くてそんなにしなやかには動けないので。

※オキュラスでダイエットに成功した!みたいなレビューも見るのですが、プレイ時間と同じ時間歩いた方がより早く痩せるのではないかと推察します。



離脱の理由② 額にゴーグルの跡が残る

オキュラスを買う前にいろいろ調べた時に、このことを書いているレビューを見なかったので盲点でしたがが、オキュラスのゴーグルの跡はものすごくクッキリ残って、ちょっとやそっとでは取れない!

もしかしたら肌の弾力、再生力がピチピチの10代とかは2,3時間くらいで跡が取れるのかも知れませんが、私はなんと半日くらいかかる!

ちょっとオキュラスで遊んでから外出、などは夢のまた夢。額と目の下にくっきり跡が残って、この顔で仕事には絶対行かれない状態に。今日はもう絶対出かけない、という時以外遊べないし、一旦遊んでしまったら急なお出かけ対応不可なくらい、おでこに太めの一文字の溝が刻まれてしまう。
ゴーグルの間にスポンジやコットンなど挟んで対策を試みたけどあまり緩和されませんでした。
この話を友人にしたら、「VRで遊ぶ人は、そんな跡とか気にしない人だよ」と言われて、レビューに跡のことが書いてなかったことに妙に納得。
私的には、運動にならないかも、ということよりこの跡に残ることの方が大問題でオキュラスでは気軽に遊べなくなってしまいました。

ちなみに、ゴーグルが重いせいもあり、ひとしきり遊ぶと肩も凝ります。

と、ネガティブなことを書きましたが、VRの臨場感は素晴らしく、きっと今後はもっと軽くて跡が残らない(重要)、普通の眼鏡みたいなゴーグルやコンタクトが出てきて、エンターテインメントの世界がガラリと変わるんだろうなと未来に期待しています。