安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

Monthly Archives: 6月 2018

ビタミンDサプリは必要?

6月 30th, 2018 in 食や栄養のはなし

関東は昨日で梅雨明け。随分早い梅雨明けですね。ここ数日は日差しが強いものの、風があるので過ごしやすく、朝の空気感は南国リゾートのようで夏のはじまりにウキウキします。

ところでビタミンDのこと。私が学生時代、20年くらい前にはビタミンDは不足しにくいビタミンとされていました。ビタミンDは魚介類に多く含まれることと、日光に当たることでも生成されるため、実際に当時日本では不足しにくい栄養素だったのだと思われます。

ところが最近は、魚介類を食べる人が減ってきていること、日焼けを避ける傾向があることなどから、日本人でも多くの人が慢性的にビタミンD不足なのではないかと考えられるようになってきています。

ビタミンDは骨の健康にかかわるビタミンとして知られてきましたが、最近では、血中のビタミン濃度がある程度高い人の方が、糖尿病や乳がん、大腸がん等になるリスクが低いことも分かってきており、がせん注目度が高まってきています。

こうしたことから日本でも、ビタミンDサプリが台頭してきていますが、日照時間が少ない国やアメリカでは随分前からビタミンDサプリはとてもポピュラーで、よく売れているサプリです。


ビタミンDサプリ、飲むことで実際に効果はあるのでしょうか?

北欧の研究は、ビタミンDサプリを飲んだ人と、日光浴をした人の血中ビタミンD濃度を比較したところ、ビタミンDサプリを飲んだ人たちも、日光浴をした人と同程度に血中ビタミンD濃度が高まったそうです。

ただ、こうした報告がある一方で、ビタミンDサプリを摂取していても、骨の骨折予防にはならなかったという報告も複数存在します。

また、特定の栄養素を取り出して食品では摂ることが出来ない量の栄養素をサプリで飲んでも、体内ではあまり有効利用されないのではないかという研究結果も出てきている昨今です。

ビタミンDは、魚介を食べること、今の時期の関東地方なら顔と手を、昼間日光に5分程度当てれば不足することはないと考えられます。

ただし、日焼け止めを塗っていたり、窓ごしではダメなので、顔は守りたい場合などは、手や足など他の場所を日に当てるのがおすすめ。私も顔は日焼け止めを塗っていますが、手足はこの時期ちょっとした外出程度なら日焼け止めは塗らず、美容より健康、ビタミンD生成を優先しています。

全身を日焼けから守りたい、という方や冬場には、青背の魚やしらす干しを食べることや、干しいたけ乾燥キクラゲを摂ることでビタミンDは充足できます。


干しいたけはしばらく置いておくとビタミンD濃度が下がってしまうので、食べる前に傘の内側のヒダの部分を上にして1時間ほど天日に当てます。

ビタミンDに限らず、手軽なサプリを飲む前に、まずは生活改善、食事の見直しが大事です。

ふるさとの駄菓子展

6月 29th, 2018 in 食とアート

銀座のLIXILギャラリーで開催されている、「ふるさとの駄菓子-石橋幸作が愛した味とかたち-」展に行ってきたのですが素晴らしかったです。


仙台の飴屋「石橋屋」の二代目、駄菓子職人だった石橋幸作さんによる駄菓子研究の一部が展示されています。


石橋さんは江戸時代からの駄菓子の歴史、文化史を丹念に調べ、全国各地を周り、地道に聞き取り調査を行って、それを詳細に絵と文章で書き残されています(これが本当に絵がお上手で達筆で、素晴らしいのです)。また、紙粘土を使って昔の駄菓子を考証復元もされています。

駄菓子は、白砂糖を使った上等な上菓子に対し、水飴や黒砂糖を使った庶民向けのお菓子を指します。江戸時代までは白砂糖は本当に貴重なものだったので、白砂糖を食べることが出来る人たちはごく一部。庶民には駄菓子が愛され、各地の風土や文化に合わせてさまざまに発展していきました。


薬駄菓子というのがあったということを初めて知りました。こうした薬効をうたう菓子は、江戸時代は薬商が扱うものだったそうです。


肉桂を使ったものや、しその花を使ったもの、生姜やハッカを使ったものなど。今ののど飴などにも通ずるものもあります。


飴細工の模型。昔は今からは考えられない奇抜な意匠の吹き飴があったようです。こういうの再現したら観光客の方にもウケそう。


ギャラリースペースは小さいのですが、とても見ごたえがある展示と、石橋幸作さんの情熱とセンスに打たれ、何度も見返したくてブックレットを買って帰りました。


明治村にたくさんの考証再現した駄菓子などが保存されているようです。また駄菓子に関する本も残されているとのこと、じっくり拝見したいと思います。

銀座のLIXILギャラリーでの展示は8月25日まで。

緑茶のアールグレイ

6月 28th, 2018 in その他

最近緑茶のアレンジを自分でもいろいろと考えているのですが、そうしていたら、イギリスのお土産で緑茶のアールグレイが届きました!

フォートナム&メイソンの緑茶のアールグレイです。


日本では未発売なのかな? 日本でも売っていました!


緑茶なので、紅茶に比べて軽やかな香り。


緑茶と紅茶は元の茶葉は同じで、途中の発酵過程あるなしの差なので、当たり前かも知れませんが、こうして加工するとかなり味が似ますね。茶葉はダージリンのファーストフラッシュとかに近い味に思います。
でも紅茶より軽やかな味。
フォートナム&メイソンが作っているのでかなり紅茶に寄せた味わいに仕上げているのかも知れません。

緑茶のフレーバーティやアレンジ、日本茶を専門に扱っているところにもっと作ってもらいたいと思っています。

山崎の梅酒

6月 27th, 2018 in お酒

缶入りのソーダ割が美味しかった、サントリーの山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽仕込梅酒、空港ラウンジにあったので飲んでみたところ、ほのかにウイスキーの樽香が移っていて良い感じ。



これに調子づいて同じシリーズの熟成梅酒というものも買ってみました。


税抜3000円と、梅酒にしては相当高額です。ウイスキーのホワイトオークの古樽を焙煎したもので寝かせたあと、グレーンウイスキーで仕上げてあるそうです。と、いうことを全然知らずに買いました。

単にウイスキーの古樽で寝かせている期間が長いのかなと思っていて空けたところ、思い切りウイスキーの香りにたじろぎました。
実は私はウイスキーが飲めないのです。
でもウイスキーボンボンや、お料理の隠し味にウイスキーが使ってあるものは好き。


ウイスキー香にたじろぎながらも飲んでみると、、ウイスキーの味も結構するけれど、これなら飲める!
ウイスキーは飲めないのですが、ウイスキーを飲むということには強い憧れがあるので、この梅酒でウイスキー飲んでる気分が満喫できて嬉しい。


ちなみに私は、ウイスキーへの憧れの気持ちのあまり、日頃から梅酒はデキャンタに移して、よく海外の映画などで見るような、カクテルコーナを作ってロックグラスで飲んでいるのです。

ちょっと一杯やりたいときなど、さっとデキャンタから注いで気分を出してますが、実際問題梅酒だとやや興が削がれる感じがあったのですが、この梅酒なら、ウイスキー飲んでる気分に酔えてばっちり!


ソーダは箱買いしました。

網戸掃除とプラントパラドックス

6月 26th, 2018 in その他 食や栄養のはなし

網戸掃除、これまで掃除機でホコリを吸ったり、スポンジで洗ったり、固く絞った雑巾で拭いたりと身近なものを使って掃除してみたのですが、いまいちスッキリ綺麗にならない。
なんとか見違えるように綺麗にならないものかと検索して見つけたのが網戸お掃除ローラー。


アマゾンにて498円で購入。
実物は結構小さくて華奢。こんなもので本当に綺麗になるのかなと、半信半疑で掃除してみました。中性洗剤を薄めた溶液に、このお掃除ローラーを浸して、網戸をコロコロします。


みるみるうちに泡立ってきて、ローラーがあっという間にねずみ色に。ついこの間網戸はよく拭いたつもりだったのに、やはり汚れはかなり残っていた様子。

全体をコロコロし終えたら、固く絞った雑巾で両面をささっと拭きます。雑巾が真っ黒になってびっくり。そして網戸はすっきりさっぱり綺麗になって感激!


なんてことない小さなローラーなのですが、この微妙に突起したキラキラが効くのかな。片面からだけでもかなり効果がありましたが、両面やってみました。終わったあとは室内から外を見たときの網戸の存在感が違います。

新聞紙当てて掃除機かけたりしてた時間と労力返して欲しい感じ。ずっと楽だしあっという間に綺麗になります。雑巾で拭くのもさっと泡を拭くだけ(で、泡残りしない)なので簡単。これ考えた方に感謝したい。



去年からアメリカでベストセラーになっている THE PLANT PRADOX、すぐに日本で翻訳本が出るだろうと思っていたのに、なかなか出てこないので諦めてしぶしぶ原書を読んだら、読み終わった途端に翻訳本が出て悲!

アメリカでは去年の4月に発売されて、結構話題にはなっていましたが、まだそこまで流行っていないと今年アメリカに行ったときには感じました。植物に多く含まれるレクチンというたんぱく質が万病の元となっている、といった内容なのですが、どうだろう。グルテンフリーのようにそのうち流行るのでしょうか。
日本ではそこまで流行らないと予想してます。

ところで北米は日本ほどの出版不況では無いのですよね。それどころか紙の本の売上は回復傾向です。あと、プラントパラドックスも、結構堅い本だと思うのですが、こうした読み応えのある本がベストセラーになるところにも文化の違いと羨ましさを感じます。これ、日本が初発だったらこんなに売れなかったと思うな。