京都 洋食」カテゴリーアーカイブ

◆節分祭り

2月 24th, 2013 in 京都 洋食 季節

今年はもっと更新すると言ったはなから更新をサボり、気がつけばもうすぐ2月も終わり!この調子でぼんやりしていると今年もすぐ終わってしまうどころか、人生もすぐ終わってしまいそうで焦ります。

f3
2月といえば吉田神社の節分祭。今年も行ってきました。ごうごうと焚かれる火を見ていると気持ちがすっきりする不思議。年が明けるなーという気持ちも高まります。

f2
2月どころか、1月の話なのですが、村上重ビルのレストランkilnのオープニングレセプションに行って来ました。船越雅代シェフのインスタレーションが素晴らしかったです。

f1
大きなテーブルに京都の山の様子を表現。ナスを川に見立てたりも楽しく、食材を盛り込んでいくパフォーマンスは感動的でした。近いうちに是非お店に伺いたいなと思っています。

◆KEZAKOでお昼

12月 6th, 2010 in 京都 洋食

久しぶりにKEZAKOさんに伺いました。


シャンパンビネガーで締めたサバと柿とモロッコいんげん。ローストした香ばしいピスタチオや柚子皮の香りが効いていて、口の中で幾重にもいろいろな味が広がります。

へしこ、きのこ、蓮根、温泉卵の泡仕立て。

秋らしい栗のスープ。あしらいの木の実が効いていました。


ほうぼうの白味噌仕立て。大原や静原のお野菜とともに。レモンがきいたさわやかなソースで、いっそうお野菜が美味しく感じられました。


デザートは、梨の角切りにコーヒーゼリー、落花生のアイスクリーム、マスカルポーネチーズなどこれまたさまざまな味が複雑に組み合わされた面白いパフェ。
季節感溢れる創作フレンチでとても楽しいお昼でした。久しぶりの訪問になってしまったのですが、やっぱり季節ごとに1度は伺って、お料理を楽しみたいなぁと思うお店です。

こちらは食器も本当に素敵♪ ごちそうさまでした!

◆ボジョレーヌーボー

11月 20th, 2008 in 京都 洋食

ボジョレー解禁日に、ボジョレーとお食事を楽しむ会にお誘いいただいて、四条新町のDAIJOさんへ。

b1.jpgb2.jpg
昨年フランスへ味覚研修をご一緒した方が多く、フランスの思い出話に花が咲きます。まずはフルーティーで軽いものから。

b3.jpgb4.jpg
お造り、串に刺してあるのはふぐ。カキのフライは、アボカドのディップとポン酢で。

b5.jpgb6.jpg
先ほどのものより若干重みのあるものへ。2008年のワインは当たりかも。

b7.jpgb8.jpg
フォアグラ大根の甘味はメープルシロップで(合います)。お茄子を柿のソースで。

b9.jpgb10.jpg
更にしっかりしたものに移行して、鴨と。

b11.jpgb12.jpg
デセールはアップルパイと栗のアイスで秋満喫。

b13.jpg
いただいたのは、 CAVE DES VIGNERONS DE BEL AIR 社の3種。カーヴドベレール社はボジョレーを専門とする生産者だそうです。ボジョレーヌーボーは味を楽しむというより、その年のワインの出来を見るワイン、というイメージですが、いただいたワインは充分美味しかったですよ。美味しいものと楽しい会話で至福のひとときでした。

◆Kezakoでランチ

9月 27th, 2008 in 京都 洋食

行きたい行きたいと思いつつ、やや時間が空いてしまいました。先日京都に遊びに来てくれたお友達とKezakoへ行って来ました。思えばこの時からカメラの調子が絶不調。いつもに増して全然写真がキレイに撮れていません。
素晴らしく美しいお料理なのに。ごめんなさい。

kezako.jpg
フォアグラの奈良漬け巻きのスペシャリテ。写真は前に行ったときのもので、今回は添えてある葉ものが違いました。何だっけ?

kezako1.jpgkezako2.jpg
ねーーーーーーー!!!写真酷いでしょーーー。
れんこんを摺ったものと、角切りにしたものを合わせて蒸した土台の上に、きのこ、温泉卵、へしこ出汁のアワアワ、削ったへしこ。器も素敵。

kezako3.jpgkezako4.jpg
シャーベット状のコンソメの上にウニ。ヴィシソワーズをこうして食べる前に注ぎます。とても美味しかったのだけど、むしろ写真を載せない方がいいような…。

kezako5.jpg
この鮎、素晴らしかったです。鮎の内臓と卵を取り出して、パン粉とミルクを加えて調理したものをまたお腹にもどして焼いてあるというもの。この内臓と卵部分が非常に美味しくて感激。盛りつけも美しくて痺れました。

kezako6.jpg
ラムを低温調理したもの。下はポレンタ。上に載っているのは万願寺唐辛子と、ドライフルーツを巻き込んだパートフィロ。お皿も美しく、ミントのソースが栄えます。お肉はやわらかく、ソースも素晴らしく、でもでもポレンタが美味しい! 
何度も「ポレンタが美味しい、こんな美味しいポレンタを食べたのは初めてだ」と言っていたら、シェフが元のポレンタを見せてくださいました。石引で粒の大きさがマチマチだから舌触りが楽しく美味しいのだそう。

kezako7.jpgkezako8.jpg
いちじくのパイ仕立てとレモンのソルベ。繊細な味わいでお腹一杯食べた後でも美味しくいただけます。
そして食後のお茶とプチフール。いつ見てもこのティーセットが素敵。

Kezako(ケザコ)
京都府京都市東山区祇園町南側570-261
075-533-6801
11:30-14:00LO 18:00- 水休

◆Vis-a-Vis ヴィザヴィ

5月 23rd, 2008 in 京都 洋食

Vis-a-Vis(ヴィザヴィ)は、ブライトンホテルの中にある最大10席の小さなダイニングルームです。ホテルのHPに「私邸に招かれたような?」という説明があるのですが、本当にcozyな一室でお食事がいただけます。この日は私たちを含め二組がお食事に訪れていました。そしてもうひと組に、ときどきお食事に伺うお店のシェフがいらしててビックリ!! 京都って狭い?

vis.jpgvis1.jpg
アミューズは、ヴィシソワーズと、卵のショーフロア(メープルシロップがきいています)、お野菜のアッシェの下にはハマグリ、串ものは生ハムに…何が巻き込んであったか失念しました。ごめんなさい。

vis3.jpgvis2.jpg
ここからはメニューが手元にあるので間違えませんよ。毛蟹と剣先烏賊、胡瓜添えレモンの香りにイラン産のキャヴィアと蟹のクロケット、右は北海道の羊蹄山の山麓で取れた緑のアスパラガスのパルメザン焼きとイベリコ・ハモンセラーノに風味のジュ。上にトロリとした骨髄が乗っていて、骨髄好きには嬉しい。

vis41.jpgvis5.jpg
お魚は、五島列島沖で一本釣りされた平目。串に刺さっているのはジャガイモの薫製。甘味が強くて美味しいジャガイモでした。お肉は、バスク産純血黒豚の背肉を低温調理したもの。キャベツのフォンダンとフォアグラのグリエとともに。

vis7.jpgvis8.jpg
小さいダイニングルームですが、チーズはこんなに揃っています。私は18ヶ月熟成のミモレットとコンテを(ハードタイプが好きなのです)。

vis6.jpgvis15.jpg
ディセールはいちご尽くし。ケーキワゴンにはケーキが一杯♪

vis9.jpgvis10.jpg
目移りしつつもさすがにもうたくさんはいただけず、ドライフルーツのクグロフケーキと紅茶のムースケーキ、ハーブのジュレとさくらんぼをいただきました。一緒にフレッシュハーブティーをいただいたのですが、レモングラスの利いたすっきり美味しいハーブティーで、満腹のお腹をやさしくなだめてくれました。

vis12.jpgvis13.jpg
お食事と一緒にいただいたパンがとても美味しく、「これはホテルのベーカリーで買えますか?」とお聞きしたところ、販売はされていないそう。激しく残念がっていたせいか、帰りにパンのお土産をいただいてしまいました(恥ずかしい、けどすごく嬉しいかったです)。

Vis-a-Vis(ヴィザヴィ)
京都ブライトンホテル1階
京都市上京区新町通中立売(御所西)
TEL.075-441-4411
前日までの完全予約制