安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

You are what you cat. 安中千絵の食ブログ

全国梅酒まつり

10月 8th, 2018 in お酒

この連休は上野で開催されていた梅酒まつりに行ってきました。
梅酒まつり、ずっと行ってみたいと思っていたのですが、なかなか一緒に行ってくれそうな人が見つからず、こうなったらひとりで、と思っていたところ、折よくお友達夫婦が付き合ってくれました。

チケットは前もってゼブンイレブンで買っておきました。チケット売り場がすごく混むので、買っておいて良かったです。

チケットは、グラスなしで1700円のものと、グラス付きで2300円の2種類で、よく分からなかったのでグラス付きを買ったのですが、グラスなしで良かったかも、、、。
グラスなしでも小さなプラカップがもらえるのでこれで試飲は充分でした。



会場では全国140種類の梅酒が試飲できます。が、チケットでは梅酒の試飲の引き換え銭が16銭しか含まれていないので、好き放題飲めるわけではありません。

私が行った日はチケット売り場が長蛇の列で、試飲用の引き換え銭を買い足せる雰囲気でもなかったので、ひとりではなく3人で行って本当に良かったです。16銭×3人分がちょこちょこ試飲出来たので、結構いろいろな梅酒を味見することが出来ました。




とはいえ、5銭の梅酒にもトライしてしまったので、飲んだ総量はごく少なく、50mlくらいかと思われます。梅酒まつり、お酒が強い人じゃないと誘うのは難しいかと思っていたのですが、1回あたりの試飲量は10ml程度なので、普通に梅酒が1杯飲める人なら大丈夫です。




試飲コーナーに出ている梅酒は、会場でも販売されています。試飲して気に入った梅酒を買ってきました。




購入したのは松浦一酒造「プリュム南高梅」です。プリュムはもうひとつ古城梅のものもあって、そちらは売り切れになっていました。華やかな香りと程よい酸味で飲みやすい梅酒で人気のようです。

今回、張切っておつまみに水、ウェットティッシュなどを用意して行ったのですが、どれも必要ありませんでした。おつまみは小さなカップに柿ピーをもらえますし、水場も各所に設置されていて至れり尽くせりで手ぶらでOKでした。

新潟酒の陣に向かうくらいの心構えで臨んだのですが、若い女子がいっぱい&酔っぱらい皆無の肝臓に優しいガールズドリンクイベントでした。お酒が弱い方でも充分楽しめる酒フェスで、全国を巡回しているようなので梅酒好きの方は機会があればぜひ。