美味しいソーセージが食べたい! 私は味覚形成期をドイツで育ったため、ソーセージ類にはこだわりMAXなのですが、日本には全然美味しいソーセージが無くてすごく残念。
一般に販売されているソーセージは、増量剤、発色剤、アミノ酸類が添加されているのも気に入りません(亜硝酸塩は安全のために仕方ないとしても他は全く余計だと思います)。なのでソーセージは手作り派です。すごく簡単に家庭で作れるんですよ。

まず羊の腸を買ってきます。京都では明治屋さんに売っています。

明治屋さんのは10m入っているので、使う分だけ切って残りはまた塩をまぶして保存します。

水に30分くらいさらして、一度中に水を通します(こうすると肉が詰めやすくなります)。

豚ひき肉、肉に対して2-2.5%の塩、にんにく、しょうが、タマネギ、ハーブ類、卵白、水、砂糖、小麦粉、酒を加えてバーミックスでよく粘るまで混ぜます。肉はひき肉を使うと簡単ですが、歯ごたえが欲しい場合は自分で粗挽きにした方が美味しい。

ひき肉を腸に詰めます。今日は生クリームのおまけに付いている、ビニールの絞り袋でやったら時間がかかって大変でした。専用の口と絞りを使った方が絶対良いですね。

茹でる前に空気が入ったところを針で突いて、空気を抜いて、70度で20分茹でます。

あとはグリルすれば出来上がりー。

断面はこんな感じです。美味しく出来て満足。ソーセージは絶対手作りがおすすめです。

Share: