情弱なため、がん治療研究の応援になる、「#deleteC大作戦」というものの存在を昨晩知って慌てて、Twitterを開いたりしています。

何でもこのアクションに協賛している企業の商品の、「C」の部分を消して、投稿したり、協賛企業のSNSを拡散したり、いいねしたりすると、がん研究に寄付が行く仕組みらしい。

Twitterなどの使い方をよく理解していないので(ちなみに弊社のTwitter、フロワー4…)何をしたらいいのかもいまいち分からないまま、あちこちポチポチしているので、やっていることが本当にお役に立てているのか不安。
参加企業の寄付額は上限が決まっているそうですが、もう達しているのだろうか?
まだ投稿を煽っているからまだまだなのかな?
こういう寄付の仕組み、企業側はイメージアップと商品の宣伝効果があるし、両者にとって良いですね。こうしたチャリティーの方法がこれからは増えるのかも知れませんね。

deleteC大作戦詳細はこちらに記載されています。本日30日23時59分までだそうです。知るのが遅すぎた!
がんに関しては思っていることがたくさんありすぎてなかなか筆が進みませんが、がん研究が少しでも進むことを祈っています。

Share: