ブログを読んでくれている友人から、うちごはんを見せてというリクエストがあったので今週末のごはんを載せますね。
緊急事態宣言下では、普段より料理をする総量が減ったので(撮影などなかったため)、余裕だわーとか言っていたのですが、ぼちぼち料理の仕事も戻ってきて、この暑さで、もう全然やる気が出ません。

料理、やる気しない。もう買ってきたものを並べたいくらいだが、デパ地下行く元気もない。そんな週末のお料理です。
洗い物や手数を少なくすることを週末ご飯では優先しております。

土曜のお昼は余ったタイ米を冷凍していたものを使ってカレー炒飯。

ごはんを炊く気力はなかったが、野菜を刻む気力はなんとかありました。思えばカレー炒飯はこどもの頃の土曜のお昼の定番だったなあ。
カレー粉の包容力で具は何でも良いので助かりますね。味付けは塩と白胡椒メインで、仕上げにちょっと醤油とウスターソースをいれてます。あとインドで買ってきたクミンをたくさん入れて、冷蔵庫で死んでいたパクチーを乗せております。
ほかに、作り置きしてる味卵と、前日の晩の残りのほうれん草のお浸し。汁物を作る元気は一切ない。

味卵は簡単です。沸騰したお湯に卵を入れて6分茹でて、冷水にとり、殻をむいて、濃縮めんつゆにつけておくだけ。

デザートにレッドドラゴンフルーツ。

最近は結構スーパーでも見かけますね。しかしこれは全然甘くなかった…。

夜はデパ地下で買ってきていたローストビーフの余りがあったので、ローストビーフのサラダ。

昼のメニューがビタミンDとカルシウムが不足してるなーと思っていたので、鮭としいたけ、ピカールの冷凍ほうれん草を使ったクリームパスタ。
やはり米を炊く気も、汁物をつくる気力も一切湧いてこない。

この貝殻パスタはコンキリエッテというそうです。ソースがくぼみに入ってからみやすいので、よく使います。

デザートはここのところずっとハマっているすいか。

適当にカットして冷蔵庫に常備しておいて、外出先から帰って、のどが渇いたときに塩をぱらっと振って食べたりしています。まだスイカをカットする程度の気力は残っています。

日曜日は土曜よりさらにやる気がなかった。野菜を刻む気力もなかった。そういう時は迷わずステーキ。

ホットクックでかろうじてコーンスープは作りました。ホットクックに、玉ねぎ半分のざく切り、コーンクリーム缶、バターを入れて、「じゃがいものポタージュ」を選択。材料追加のところで、牛乳と塩こしょう。これだけですが美味しくできますよ。

ステーキは塩胡椒だけで充分美味しいのですが、中途半端に余った玉ねぎがあったので思わずソースを手作りしてしまった。たまねぎ1/4個、にんにく、しょうゆ、みりん、唐辛子をフードプロセッサーにかけて、フライパンで炒めました。
しかしこういうことをするから疲れてやる気がなくなるわけなので、これはしなくて良い手間だったな。

そして夕飯は容赦なくやってくる。米を炊く気はみじんも起こらずそうめんに。

ビタミンB群とβ-カロテンが足りていないことが自明だったので、野菜の豚肉巻きをすることに。

トマトの豚肉巻き、はじめて食べたのは、大学院時代に行った南大沢のおっけいという居酒屋でした。こんな美味しい食べ方あるんだーと感動したものです。
先日、全然学年がかぶらない都立大卒業生の料理人の方と話す機会があったのですが、おっけいのはなしで盛り上がれました。今でもおっけいはあるようなので、きっと都立大のみなさんの青春の思い出の場所となっていることでしょう。

トマト以外、新生姜の千切りや、獅子唐を巻きました。なんでもそのときにあるものを巻いてます。きのこ類も美味しいですね。やる気がないときのお助けメニューです。

写真がボケてますがつるむらさきを三杯酢で和えたもの。つるむらさき、大好きです。

そうめんの薬味をちまちま用意する気力がなかったのでカイワレをぶち込みます。

カイワレって便利だなあ。味卵も食べようと思っていたのですが完全に忘れました。

日曜日は果物の写真を撮りませんでしたが、昼にすいか、夜にぶどうと桃を食べています。
ビタミンDと多分マグネシウムも足りてないから今日は魚にしようかな。
と、大体こんな感じでざっくりと足りてなさそうな栄養優先で献立を立てています。

そしていつも心のど真ん中に秘めているのはこの言葉です。

「そうめんの具はつゆだけでよい」座右の銘を聞かれたらこれを答えたいと思います。

Share: