ザ・リッツ・カールトン京都が開業してすぐに行ったので、もう大分前のことなのですが、ホテル内の和食レストラン、水暉(みずき)でお昼をいただきてきました。

IMG_0039_8

ホテルフジタ時代の滝石が再利用されているそうで、どこかホテルフジタの面影も感じられ、落ち着く空間です。

IMG_0031_7

IMG_0036_7

IMG_0032_8

IMG_0038_8

IMG_0042_8

5000円のお弁当をいただきました。
京都で5000円出すと、大抵の割烹で趣向を凝らした素晴らしいお昼がいただけるので、リッツはどういう風に差を出してくるのだろうと興味を持っていました。

実際に食べてみて、かなり外国人のお客様向けに考えているような気がしました。ボリュームがあって、ちょっと洋の要素も入っていて、目に楽しく、こういうランチは京都ではあまりないかも。
上手いところ狙ってきているな〜と感じました。
大人数でも大丈夫だし、海外からのお客様をランチにご案内するときにおすすめです。

あと、ザ・リッツ・カールトン京都は玄関前から緑茶のベースのアロマが香っていて、これがとてもいい香りで、敷地内に入った瞬間からおもてなしが始まっていて素敵でした。

Share: