◆焼肉と茶洛のわらびもち

5月 2nd, 2011 in 京都 肉 和菓子

焼肉屋さんでユッケを食べた子供が、O-157による食中毒で亡くなったという痛ましいニュースを知りました。生食用とされている肉も、抵抗力の弱いこどもやお年寄りは食べない方が無難。特に未就学児には与えないことが一番の予防策だと思います。


ところで、ゴールデンウィークもいつもと変わらず、特にどこにも出掛けず過ごしています。お天気が良かったので、ブラブラ散歩に出掛けた先で、近江牛の専門店を見つけたので、そこであれこれ買ってきて、ベランダで焼肉をしました。


狭くて殺風景なベランダで、見える景色はマンションばかりなのだけど、それでも外で食べるのは気持ち良いですね。


特上タン塩。焼き網も七輪も持っていないので、卓上コンロにグリルロンドです。


生食用として売られていた生レバー。むっちりブルブルで美味しかったです。生食用とされていても、生レバーなどはもしものことがあり得る食材なので、食べる場合は自己責任で。


散歩途中で、茶洛にも寄って名物のわらびもちを買ってきました。


持ち上げるとすぐ千切れてしまうほど、繊細でやわらかいわらびもちです。


サツマイモ澱粉で作られているので、コシは強くありません。わらびもちは葛粉以外も、サツマイモ澱粉や蓮粉などでつくるものもあり、それぞれ食感が違います。