調味料」カテゴリーアーカイブ

◆塩の選び方

11月 15th, 2010 in 調味料

最近買った塩は、丹後の「翁乃塩」です。夕日ヶ浦海岸の海水を使った塩だそうで、旨味が強く美味しい塩です。


塩の栄養成分表示は、メーカーによっていろいろな表示がされています。これは成分の割合表示になっています。

100gで換算すると、ナトリウムが33.5g、カルシウムが200mg、カリウムが600mg、マグネシウムが600mgということ。塩を買うときはこの、ミネラルの含有量を目安に味の見当をつけています。

これは私が下拵え用に気に入って使っている、鳴戸のうず塩ですが、「翁乃塩」に比べるとミネラルが少なくシンプルな塩味です。

塩を買うとき、まぎらわしいのが「塩化ナトリウム」と「ナトリウム」表記の違いではないかと思うのですが、ナトリウムの場合は、ナトリウム(g)×2.54=食塩相当量になります。つまりこのうず塩の場合は、100g中の食塩相当量が99.8gと、雑味や水分の少ない塩ということが表示から分かります。

こちらは藻塩。塩化ナトリウム表示の場合は、そのまま食塩量ですので、この塩の場合は、水分と合わせた82.4gの残り17.6gがミネラルなどの灰分ということ。

これはミネラルを多種類含むことで知られる宮古島の雪塩の成分表示です。マグネシウム量が特に多いのが特徴。この表示から、にがりのような苦味も含む複雑な味だと想像ができます。

塩の表示は食用塩公正取引協議会によって今年からルールが改正されて、「天然」「自然」「ミネラル豊富」「古代」などの表示が禁止になりました(ただし自主ルールのため違反しても勧告のみ)。

どの塩も、日本の場合は海水から作られていますし、ナトリウム自体がミネラルなのでミネラル豊富で当たり前。また健康効果を期待できるほど、ナトリウム以外のミネラルを含んでいるわけでもないので、誤解の無いようにとのことのようです。ただ、味はかなり違うと個人的には思っているので、買う前には成分をよく見て、用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

◆茅乃舎の生七味

11月 7th, 2010 in 調味料

生七味、流行っているそうですね。京都に遊びに来た義妹からもらって知りました。食べるらー油の次は生七味だとか。

茅乃舎の生七味、東京ではミッドタウンで買えるそうです。

七味だから材料シンプルで当たり前だけど、こういう生タイプのもので、無駄にアミノ酸等旨味を足してないのが良いですね。

生だから香りや食感がとても良いです。

まず炊きたてごはんと少し食べてみました。一番合いそうなのは、焼いたお肉や野菜かな。今度お肉を焼いたら是非一緒に食べたいと思います。あと、美味しいおそばに添えるのも美味しそう。まずは明日にでも豚汁の吸い口として使う予定。
生七味、自分でも作ってみたくなる調味料ですね。乾燥七味より用途が広がるし、確かにこれが流行るの分かります。福岡の茅乃舎も一度行ってみたいな。