SUGALABO VにGotoトラベルしてきました。スガラボブイ、と読んでいたのですが、スガラボヴィーと発音するらしい。ヴィーはルイ・ヴィトンとコラボしてるからヴィーなのですね。

心斎橋のルイ・ヴィトンの上に上がっていくエレベーターが既に凝っている。

写真にエフェクトかけてないのですが、こんな風に映る夢の世界的な全面鏡張りのエレベーターで、お店に入る前から気分が盛り上がります。

有名な、ヴィトンのトランクを積み上げている扉の向こうがレストラン。

内装費が諸々含めて10億円だそうな。

お料理の感想を詳細に書きたいところなのですが、品数が多く、気力体力に乏しいので、写真で感じいただければと思います。

驚いたのは、サンマと松茸の春巻き。恐る恐る食べたのですが、松茸がサンマに勝っていて、サンマの旨味がほどよく感じられる春巻きに仕上がっていて、組み合わせの妙にびっくり。勉強になります。

スガラボVの永浜良シェフ。パリや台湾のラトリエにもいらしたそうな。こういう方がいらっしゃれば、まだまだ日本も大丈夫と思えますね。しかし辻調さんは本当に有名シェフを続々と輩出されていて素晴らしいですね。

一番印象に残ったのはこのコンソメ。舞茸の旨味も加わって、非常に旨味が強く濃厚、でも舞茸が強く香らず素晴らしかったです。

白トリュフをガンガン削ってくださってるところ、なのだけど、削りはじめに撮ったため、伝わらず。

いちじくの葉と鴨。この葉っぱがイチジクの良い香りでした。

ディセールも盛りだくさん。

我ながら良くこんなに食べたもんだ…。締めはアイスのプチたこ焼き。

ワインのペアリングも素晴らしかったです。特にケンゾーエステートのYuiと少しエスニックな味付けにした伊勢海老とのペアリングが最高でした。

少しずつですが、こうみると総量は結構ありそう。よく食べてよく飲んだ一夜でした。

確実に今年一番食べました。もっと胃袋の容量、代謝力が欲しいお年頃です。消化力を上げて、またぜひ伺いたいと思います。

Share: