Monthly Archives: 11月 2008

◆11月の草喰なかひがし 昼

11月 30th, 2008 in 京都 和食

11月も幸せなことに、なかひがしさんにうかがえました。

naka12.jpg
晩秋らしい、鄙びた風情の八寸。飲まないつもりでしたが、ついついこの八寸を見てワインをお願いしてしまいました。
naka10.jpg
落ち葉の中に、栗や銀杏などの実が埋もれている表現が素敵。

naka11.jpgnaka9.jpg
むかごのおこわの下にはうなぎが。菊菜と野生のしいたけのお浸し。上にのっているのはぐみの実。

naka7.jpgnaka6.jpg
お椀は、小かぶととち餅の白味噌仕立て。お椀の塗り物もまたいつも楽しみにしています。さわらとみかんと紅かぶらの包み焼き。

naka5.jpgnaka4.jpg
鯉のおつくり。上の落ち葉は山椒の葉。生姜のジュレと落ち葉と全部合わせていただきます。山椒の葉もまた、ほのかに山椒のお味で美味。茸と小芋さん。

naka3.jpgnaka2.jpg
笹鰈と一瞬迷ったけど、やっぱり今回も鴨を選んでしまいました。おひたし。

naka1.jpgnaka0.jpg
ごはんセット。万願寺さん+ピリッと万願寺さんのピュレが素敵に美味しいくて真似したいお味でした。よく熟した柿と人参菜のソルベ。晩秋を何よりなかひがしさんのお食事で堪能させていただきました。ご馳走様でした。

草喰なかひがし
京都府京都市左京区浄土寺石橋町32-3  
075-752-3500
12:00から13:30、18:00から19:30 月休

◆フレデリック・カッセルのショコラ

11月 29th, 2008 in 京都限定 洋菓子

京都に遊びに来たお友達の、「フレデリック・カッセルのショコラを買いに行きたい」というリクエストで、東山のハイアットリージェンシーへ。最近このショコラがハイアットに入ったとのこと。最近は来洛するお友達に京都最新情報を教わってばかり。

fc1.jpg
お友達は15種類全買い。フレデリック・カッセル氏は、36歳の若さでルレ・デセールの会長に就任した方だそう。日本では、サロンドショコラなどイベント時に取り扱われていたようですが、常時扱うのはもしやこの東山のハイアットだけ?

fc2.jpg
私は、カフェ、シャトー、フランボワ、アプリコ、ジャスミンの5種類をとりあえず買ってみました。お味は、上品で繊細。はんなりとした味、と表現しても良いかも。ショコラというより、組み合わせた素材の味や香りにショコラが寄り添っていて、繊細なショコラのデセールのような感じ。お値段は1つ300円。

fc3.jpg
ホテルオークラのアイスココアにはまって以来、ホテルのカフェに寄ると必ずアイスココアを頼んでしまいます。東山のハイアットでもアイスココアを。

◆いただきもの

11月 28th, 2008 in キッチン用品

たくさんいただきものをしてしまいました。嬉しい?♪

p1.jpg
ベルギーのサンテンス社のクロス。クロス類の中で、最高級クロスと言える品質。それでデザインや色も綺麗なのだから素晴らしい。クロス類はやはりヨーロッパのものが圧倒的に質がよいし長持ちしますね。これも大切に一生使います。

p2.jpgp3.jpg
和田萬さんの金ごまをいただきました。茹でたお葉にあえたり、おうどんに入れたり大活躍です。金のごまはトルコ産だそう。そしてお塩。お塩は多種類集めて、お料理に合わせて選ぶのが楽しみになっています。パタゴニアのお塩、初めて口にしましたが、旨味が濃いけれど、すっきりした塩味で美味しい!生野菜に合いそう。熊野のお塩はキリッと濃いめの塩分で、日本の塩らしい塩です。お漬けものに使います。梅塩大好き。梅塩はお酢のものに使ったり、お豆腐に合わせたり、お番茶にぱらりとふったりしていただくのが定番です。ありがとうございました!

◆レンジまわり大掃除

11月 27th, 2008 in 季節

1127.jpg
まだ年末まで時間がありますが、ぼつぼつお掃除を始めています。今日明日と夫が家で食事をしないので、今日はレンジ周りの大掃除に手を付けました。レンジ周り、普段からマメに掃除しているのですが、やっぱり外してみるとそこそこ汚れているもの。汚れている部分に、レンジ用洗剤を浸したコットンを当てて、「レンジパック」をして汚れを浮かせてから洗います。換気扇もできる限り分解して、食洗機に入るものは、食洗機へ(よく油が落ちます)。見苦しい写真だけでは何なので、昨日の清閑寺の紅葉を。

11272.jpg
まだあともう一歩、というところでしょうか。清水寺へも行きましたが、こちらも紅葉はまだ7部。来週末くらいが洛中は紅葉の盛りになりそうです。

◆クリスマスケーキ

11月 25th, 2008 in 季節

困ったことに、未だにダラダラとカゼを引きずっています。そんな中、家にこもって毎日デパートのクリスマスケーキカタログを眺めて幸せな気分に浸っています。残念ながらケーキが焼けるようなオーブンが今の家には無いので、クリスマスケーキは市販のものを注文します。

cake.jpg
みなさんの思い出のケーキはどんなものでしょう? 
うちのクリスマスケーキは、子どもの頃は母が必ずシュトーレン(我家は昔ドイツに住んでいたので)を焼いてくれていました。その他に、千疋屋さんの大きなショートケーキを注文するのが定番でした。フランス製菓を習いだした大学生からは、自分でビュッシュドノエルを焼いたり、スノードーム風のケーキを作ったり。うーん、どんな系統のケーキを注文するか悩みますね。幸せな悩みです。