外出を控えている方が多いこの頃、いつもコーヒーショップにコーヒーを買いに行っていたのに、それが出来ずにツライという声も聞こえてくるのですが、そんな方に超絶オススメなのがデロンギのコーヒーマシン。

コーヒーショップのコーヒーを超える美味しいコーヒーを全自動で淹れてくれます。

ちなみにこれが無くなったら途方に暮れる私のキッチン3種の神器は、デロンギのコーヒーメーカー、シャープのホットクック、パナソニックの食洗機です。

うちにあるデロンギのマシンは、何年か前に出た全自動エスプレッソマシンのプリマドンナXS。

エスプレッソから、ロングコーヒー、レギュラーコーヒーなどが豆を挽くところから自動で、ミルクのタンクを付ければ(上の写真はミルクタンクは外してます)、カプチーノやらラテやらが全自動で淹れられます。

特に素晴らしいのが、内部洗浄とかノズル洗浄とか勝手にマシンがやってくれるとこ(ただしミルクタンクとスチーマーは自動で洗浄してくれない)。

このマシンがうちに来てからもう3年以上経ちますが、毎日酷使してもビクともしない丈夫さ。使い方も非常に簡単です。

詳しくは公式のホームページの説明ご覧くださいませ。

ただ、大問題がひとつあって、最新機種のプリマドンナXSや、同じく全自動の機種エレッタは、値段がちょっと、かなり、勇気がいるお値段なこと。

デロンギ公式オンラインショップはこちら

ミルクメニューが自動になると急に高くなるんですよね。

私自身はプリマドンナを使ってみて、ミルクメニューは全自動ではなく、自分好みにスチーマーを調整して作りたいことが分かったので、もし今のマシンが壊れてしまったら、次は下位機種のものでもいいかなと思っています。

コーヒーが全自動で淹れられて、スチーマーがついていればOK。

下位機種のマグニフィカなどもそれなりの値段ですが、でも絶対に買って損はない、むしろ「買うか悩んでた時間が無駄だった!」「なぜもっと早く買わなかったのか」と思うはず。

デロンギのコーヒーメーカーは値段が値段なので、買うかどうしようか迷う方も多いと思うのですが、それに見合う価値があると思っています。

ダブルウォールグラスに先にミルクを注いでおけば、このように美しい2層のコーヒーも簡単に作れます。

このダブルウォールグラスもデロンギのもの。表参道のショールームで購入しました。

しかし今、イタリアのデロンギ社はどうなっているんでしょう。イタリアの機械ものは、車やエスプレッソマシン、エクササイズマシンなんか、デザインが美しく良いものが多いですよね。イタリアの製造業がCOVIT-19の影響をどのくらい受けてしまうのか心配です。

Share: