ついに、世界中の子供たちの憧れの食べもの、私も長年食べてみたいと思っていたアレを食べることができました!

暗記パン!

暗記パンが、登戸にある藤子・F・不二雄ミュージアムで食べられることをお友達に教えてもらい、さっそく行ってまいりました。

ビーフシチューのセットとフレンチトーストのパンが暗記パンです。夢があって嬉しいですね。

食後はドラえもんブルーなる、クリームソーダをいただきました。このストローの先のコースターみたいなものは何かと思ったら、

こうやって飲んだらだれでもドラえもんになれるということなのですね。演出が楽しい。

子供の頃、誰しもドラえもんの道具がひとつもらえるとしたら何にする?といった話をしていたと思うのですが、私が当時断然欲しかったのはデカライト。デカライトでいちごを大きくして食べたいと思っていたんですよね。
今はどこでもドアかタイムマシーンかなー。などすっかり童心にもどって楽しんできました。

コースターも可愛い。

ミュージアム内にはきれいなジャイアンのオブジェも。

シュール。

Share: