最近何度かネパール料理を食べる機会がありました。
インド料理店のシェフがネパール人ということが結構あるので、インド料理とネパール料理が近いものだとは思っていたのですが、インドよりもう少しスパイスがマイルドで、地理的にブータン、中国などの影響を感じられるお料理ですね。

おつまみの小さいな豆のフライ。

これが何かちゃんと聞いてくるべきでした。米粒より小さいくらいの豆のフライ。ウラッドダルという豆なのかな。この小ささが、ちまちまつまんで食べるのが楽しくてすごくいい!しかも極小なのでつまんでもつまんでも大した量が食べられないという点もいい。

ネパールビールにも合います。

ネパールのビール、甘味強め、味濃いめで美味しい。

鳥軟骨や砂肝をスパイスと和えたお料理もあって、これがとても良かった。軟骨はわかりませんが、砂肝は実際にネパールでもお料理に使うようです。

ネパールのカレーはインドよりスパイスや油がマイルドな気がします。

ネパール料理は鍋物も美味しいんですよね。

あと、写真がありませんが、ネパール料理はモモという小籠包みたいなものも有名で、これもまた美味しい。
東京はますます各国料理のお店が増えてきているように思います。まだまだ知らない料理がいっぱい。お料理をいただくとよりその国に対しての親近感や興味が増しますね。いつかカトマンズとか行ってみたいなあ。

Share: