家にいる時間が長いので、少しでも住環境を快適にしようと模様替えなど行っている方も多いのではないでしょうか。私もこの機会にずっと変えてみたかった、寝具のカバー類を一新してみました。

これまでの人生、布団カバー類はラルフローレン一筋だったのですが、常に「ホテルみたいに真っ白にしたらどんなもんじゃろ」という気分が心のどこかにあった。

真っ白にしたらうんと素敵になっちゃうんじゃないかと思ってた。

ちなみに一昨日まで使っていた布団カバーはこちら。

洗えば洗うほど柔らかく肌心地が練れてくる厚手のエジプト綿に可愛い花柄で癒やされます。このカバーのかかった布団に寝るのは幸せで極楽気分なのです。だがしかし、布団カバーの取り替えは地獄。

カバーの中で布団が動かないように8箇所をヒモで結んで、更に側面をボタンで留めるのですが、このボタンが非常に外れやすい。買ったときから外れやすく、これまでに何度も取れたボタンを付け直してきました。

料理は好きだが裁縫は大嫌いなので、このボタン付けがツライ。しかも段々ボタンを付けている部分の布地が弱ってきて、布地ごとボタンがブッちぎれるようになってくる。

そんなことから「もしかしたら、ラルフローレンの布団カバーから卒業して、他のものにしたら実は人生が変わるほど楽になるのではないか」ということを、もう何年も前からチラチラ考えていました。

そして、ようやくこの巣ごもり期に意を決して、布団カバーをネット通販で選びに選んで新調しました。

新しいリネン類はエジプト綿のホワイト。布団が動かないように止める部分はマジックテープです。

これは結ばなくていいから、めちゃ簡単そうだ!

レビューでも「画期的」「人生が変わりました(とは書いてなかったかも知れない)」とこの工夫は高評価。更に端の部分はボタン留めではなく憧れのチャック式です。

これまで布団カバーをかけるのがすごく面倒で憂鬱でしたが、これで人生が変わるほど楽になっちゃうかも、とウキウキ交換しました。

あれ……ちょっと思ったほど素敵でないかも…
もっとホテルっぽい雰囲気になって、部屋が広く見えて、清涼感が漂って、別の部屋のようにガラッと変わって「何でもっと早くこうしなかったんだろう」と感激する予定だったのですが、そうでもないかも…ホテルというようりやや、旅館ぽいような…微妙な感じかも。

肝心の布団カバーの交換の煩わしさに関しては、いままでの大変度が100だったとしたら、これは90くらいで、そこまで変わらないような気が。

今後目が馴れてきたら、すごく素敵に見えるようになることに期待をかけています。

Share: