Monthly Archives: 2月 2013

◆可愛いケーキ

2月 28th, 2013 in 洋菓子

少し前の話になりますが、お友達が劇的に可愛いケーキでお誕生日祝いをしてくれました♪

k2
可愛いーー。ココアの質感がぬいぐるみのモフモフしたやわらかさを思わせます。お目々もつぶら。手に持っているマカロンも可愛い♪
ダルワイヨのヌヌルスというケーキだそうです。

チョコレートコーティングの中は、チョコレートのムースとしっかりしたスポンジ。味のバランスも良く、濃厚で大人向きの味。可愛いだけじゃなくて美味しくて素晴らしい。

なのですが、なのですが、可愛いだけに食べ進めると大分可哀想な感じになってしまうのが悲しいーー。

k1
途中からみんなで、「ギャー!!!可哀想ーーー!!!」と大騒ぎになり、結局つぶらな瞳でこちらをじっと見つめる頭部には刃が入れられず、持って帰ってきて、あまり顔を見ないようにして食べました。




◆はなだこ

2月 27th, 2013 in 大阪

最近、お友達が引っ越してきたこともあって、大阪に行く機会が増えてきました。大阪の美味しいものも探索中ですが、何度か食べたたこ焼きが美味しかったのでご紹介したいと思います。

c3
梅田阪急からJR大阪駅側に渡る信号のすぐ右横、新梅田食堂街の入り口にある「はなだこ」さんです。
とても有名なようでいつも行列が出来ています。

大ぶりのたこ焼きの中には、大きなタコぶつが入っていて、生地はしっかり火が通っているけど、クリーミーでホワイトソースのようにとろりとしています。

c4
写真はねぎマヨ。青ネギがたっぷりで、たこ焼きがさっぱりと食べられて最後まで飽きません。
見ていると、たこせんという、エビせんべいにたこ焼きを2個はさんだものを頼む人が多く、あれも一度食べてみたいなと思っています。

c2
たこ焼きを焼いているところに、小さなカウンター状のせり出しがあり、そこで立ち食いなのですが、カウンターの下には荷物置きがあったり、小さな洗面台が付いていたりで、よく工夫された店舗です。

c1
次々お客さんが来るので、休み無くたこ焼きをお兄さん達が焼いています。

黙々とたこ焼きに集中しているかと思いきや、お客さんへの気配りも細やか。例えば取り皿が必要そうだったらさっと空の舟を置いてくれたり、この写真を撮っているときもさり気ない気遣いを感じました。

しかも「やってる感」なく、さらりとやっているところが粋です。もともとの人間性にホスピタリティが無いと、これはなかなか出来ないことだな~と感心しきりでした。おすすめです。

◆京のつくね家

2月 25th, 2013 in 京都 和食

この2月で、京都に来て丸6年経ち、京都生活7年目に入りました。
6年前の1月、住む家を探しに来た日のお昼、どこで何を食べたら良いのか分からず、不動産屋さんにおすすめを聞いて行ったのが、京のつくね家さんでした。その日は寒い日で、全く土地勘の無い場所で、ひとりで大急ぎで家を決めなければならないという心細い状況だったのですが、美味しい親子丼を食べ元気になったのを覚えています。

e1
今でも好きで、よくお邪魔しています。2月は2度も行きました。親子丼と鴨なんばのセットをいつもお願いしています。親子丼のたまごはとろとろなのですが、更に生玉追加で食べています。

不動産探しの話に戻りますが、最初、最有力候補で考えていたのが、山の方にある一軒家でした。神社とお寺が目の前で、素晴らしい景色に惹かれたのですが、今思うと、いきなり京都初心者があんな場所絶対無理!というところ。
今京都に慣れてみると、最初に候補に入れていたところが交通や買い物が不便なところばかりで、その土地勘の無さがおかしくて、近くを通る度に、「ここ便利そう」と思っていた私の感性って一体…、と笑いがこみ上げてきます。


◆節分祭り

2月 24th, 2013 in 京都 洋食 季節

今年はもっと更新すると言ったはなから更新をサボり、気がつけばもうすぐ2月も終わり!この調子でぼんやりしていると今年もすぐ終わってしまうどころか、人生もすぐ終わってしまいそうで焦ります。

f3
2月といえば吉田神社の節分祭。今年も行ってきました。ごうごうと焚かれる火を見ていると気持ちがすっきりする不思議。年が明けるなーという気持ちも高まります。

f2
2月どころか、1月の話なのですが、村上重ビルのレストランkilnのオープニングレセプションに行って来ました。船越雅代シェフのインスタレーションが素晴らしかったです。

f1
大きなテーブルに京都の山の様子を表現。ナスを川に見立てたりも楽しく、食材を盛り込んでいくパフォーマンスは感動的でした。近いうちに是非お店に伺いたいなと思っています。