安中千絵オフィシャルサイト
食べて健康の実現を目指す企業をサポートする会社

Daily Archives: 2018年6月30日

ビタミンDサプリは必要?

6月 30th, 2018 in 食や栄養のはなし

関東は昨日で梅雨明け。随分早い梅雨明けですね。ここ数日は日差しが強いものの、風があるので過ごしやすく、朝の空気感は南国リゾートのようで夏のはじまりにウキウキします。

ところでビタミンDのこと。私が学生時代、20年くらい前にはビタミンDは不足しにくいビタミンとされていました。ビタミンDは魚介類に多く含まれることと、日光に当たることでも生成されるため、実際に当時日本では不足しにくい栄養素だったのだと思われます。

ところが最近は、魚介類を食べる人が減ってきていること、日焼けを避ける傾向があることなどから、日本人でも多くの人が慢性的にビタミンD不足なのではないかと考えられるようになってきています。

ビタミンDは骨の健康にかかわるビタミンとして知られてきましたが、最近では、血中のビタミン濃度がある程度高い人の方が、糖尿病や乳がん、大腸がん等になるリスクが低いことも分かってきており、がせん注目度が高まってきています。

こうしたことから日本でも、ビタミンDサプリが台頭してきていますが、日照時間が少ない国やアメリカでは随分前からビタミンDサプリはとてもポピュラーで、よく売れているサプリです。


ビタミンDサプリ、飲むことで実際に効果はあるのでしょうか?

北欧の研究は、ビタミンDサプリを飲んだ人と、日光浴をした人の血中ビタミンD濃度を比較したところ、ビタミンDサプリを飲んだ人たちも、日光浴をした人と同程度に血中ビタミンD濃度が高まったそうです。

ただ、こうした報告がある一方で、ビタミンDサプリを摂取していても、骨の骨折予防にはならなかったという報告も複数存在します。

また、特定の栄養素を取り出して食品では摂ることが出来ない量の栄養素をサプリで飲んでも、体内ではあまり有効利用されないのではないかという研究結果も出てきている昨今です。

ビタミンDは、魚介を食べること、今の時期の関東地方なら顔と手を、昼間日光に5分程度当てれば不足することはないと考えられます。

ただし、日焼け止めを塗っていたり、窓ごしではダメなので、顔は守りたい場合などは、手や足など他の場所を日に当てるのがおすすめ。私も顔は日焼け止めを塗っていますが、手足はこの時期ちょっとした外出程度なら日焼け止めは塗らず、美容より健康、ビタミンD生成を優先しています。

全身を日焼けから守りたい、という方や冬場には、青背の魚やしらす干しを食べることや、干しいたけ乾燥キクラゲを摂ることでビタミンDは充足できます。


干しいたけはしばらく置いておくとビタミンD濃度が下がってしまうので、食べる前に傘の内側のヒダの部分を上にして1時間ほど天日に当てます。

ビタミンDに限らず、手軽なサプリを飲む前に、まずは生活改善、食事の見直しが大事です。