台湾版を見に行ってきました

1月 10th, 2016 in その他

昨年6月に発売された拙書、
「1日3杯のコーヒーがヒトを健康にする!」の翻訳本、
「1天喝3杯咖啡會健康:如何喝?怎麼喝?」を、
台北まで見に行って来ました。

ここにあったら嬉しいな〜と、思っていた
誠品書店敦南店に行ってみたら、
なんとありました!
 

IMG_4077
しかも平置きしていただいていて感激です!

誠品書店敦南店は24時間営業で、
台北でもとても人気のある大きな本屋さんで、
私も大好きで昔からよく行っている本屋さんなので、本当に胸熱でした。
誠品書店敦南店に自分の本が置かれるなんて夢のよう。

IMG_4075
台湾版は出版社が違うため、
私自身も手に入れるのが難しいので、この機会に買ってきました。
見本でいただいていた本は帯が無かったので、
帯付きを手に入れられて嬉しい!

でも、興奮しすぎて写真は帯なしの本に。
(一番上に置いてあった本は帯なしなのに気が付かず)

この他誠品書店信義店にも置いていただいており、本当に有り難かったです。

紀伊國屋書店の天母店や微風店も見に行きたかったのですが、
時間がなくてこちらは断念したのが思い残すところ。
次回台湾に訪れた際にまだあったらいいな、と願っています。

1天喝3杯咖啡會健康

7月 28th, 2015 in その他

拙書の「1日3杯のコーヒーが人を健康にする!」(PHP出版社)の台湾版、「1天喝3杯咖啡會健康」(天下雑誌)の見本が届きました。

tw1
台湾では6月26日に出版されたようで、手元に見本が届くのを心待ちにしていました。
台湾には友人も多くご縁も深い国なので、
台湾版が出版できたことを本当に嬉しく思っています。

台湾版は、「おわりに」を新たに書き下ろしました。

tw4
台湾では、コーヒーを飲むと骨粗しょう症になると医師から注意されることがあるので、それについてや、本年発表された多目的コホートの研究結果について書き加えています。

tw3
帯を見ると、多くの方にご推薦をいただいたようで感無量です。

でもまだ夢のような話で実感が沸かないので、
台湾の本屋さんに実際に行って見てみたいと思っています。

それまでしばし、この本を読んで中国語の勉強を頑張りたいと思います。

メープルアーモンド

4月 5th, 2015 in レシピ

ちょっと口さみしいときなどに、よく食べているアーモンドのおやつです。

アーモンドは、抗酸化ビタミンが非常に豊富。
その他、抗糖化作用が期待されていたりと、積極的にとりたい食品ですが、
味付けしてあるおつまみ風のものは、塩分のとりすぎが気になるし、
そのまま素焼きのものを食べるのはちょっともの足りない。

なので、いつも私はメープルシロップで軽く味付けしています。

作り方は超簡単!

IMG_2085
まずはアーモンドを素焼きします。
150度で10分〜15分。
この過程が面倒な人は、ロースト済みナッツを買ってくればOK。

IMG_2088
お次は、フライパンにメープルシロップと、塩を少々、
そこにアーモンドを入れて中火で全体にメープルをからめます。

私は、うっすらメープルを感じるくらいの味が好きなので、
アーモンド300gに対して、メープル小さじ1、塩ひとつまみくらい。

メープルでがっつりキャラメリゼした、キャラメルアーモンドにする場合は、
アーモンド100gにメープル大さじ1くらいの分量が目安です。

メープルは焦げにくいのでもたもた混ぜていても大丈夫!

IMG_2089
全体に絡んだら、クッキングペーパーの上に広げて冷まします。

メープルの分量が少ないほうがベタベタせず、簡単につくれます。

IMG_2091
これを私は缶に入れて保存していて、おやつによく食べています。

写真の缶は、空港の免税品店で見つけたオレオの缶。
あんまり可愛くて何個も買ってしまいました。

メープルはほんの少ししか使ってないので、
エネルギー量には響きませんが、味はほの甘くなってお菓子風になります。

10粒で、約80Kcal。



スパイスクッキー

12月 24th, 2014 in レシピ

クリスマス時期になると食べたくなる、ジンジャーやシナモンなどスパイスの効いたクッキー。
スウェーデンでは、普段からPepparkakorという平べったい、スパイスクッキーが親しまれています。
このクッキー、スパイスの配合は好きなのですが、私はもう少しサックリした口当たりの方が好きなので、食感をアレンジして楽しんでいます。
その結果、もはやスパイス以外は全くPepparkakorの原型をとどめていませんが(^_^;)

IMG_1580
材料(天板2枚分):
小麦粉 300g
無塩バター 150g
ブラウンシュガー 100g
卵黄 2個
ジンジャーパウダー 大さじ1
シナモンパウダー  小さじ2
クローブパウダー  小さじ1
カルダモンパウダー 小さじ1
塩少々

作り方:
1.バターを室温に戻し、砂糖、塩、スパイス、卵黄を、ハンドミキサーなどでよく混ぜる。
2.ふるった粉とバターを、ゴムベラで合わせ、ひとまとめにしたらラップに包み、1時間以上冷蔵庫で休ませる。
3.厚さ3ミリくらいに伸ばし、型抜して170度に予熱したオーブンで15分焼く。

スパイス好きの方は、もっとスパイス入れても良いかと思います。
焼きあがると香りが飛ぶので、少し多いかな?と思うくらいで大丈夫です。


IMG_1581
100円ショップで見つけた、クリスマス用のワックスペーパー。
100円ショップの品揃えには驚きです。

ハロウィン料理

10月 30th, 2014 in レシピ

ハロウィン盛り上がっていますね。
私は仮装ではなく、もっぱらお料理で盛り上がっています。

IMG_1292
これはネットで見つけてやってみたかった、Puking Pumpkin.
ディップは、アボカド、サワークリーム、ラッキョウのみじん切り、レモン、塩、レッドっペッパーです。

IMG_1297
イカスミ入りのチキンライスで、ハロウィンオムライス。

IMG_1303
この真っ黒な物体は、クッキーシュークリームです。
中のクリームは、かぼちゃと、紫芋味。
黒いシュークリームは、竹炭パウダーで黒くしています。
少しの量でかなり黒くなるし、応用範囲が広くておすすめです。

IMG_1313
目玉のパンナコッタ。
瞳孔は、コーヒーゼリーに竹炭を少しプラスして黒くしました。
虹彩部分はメロンゼリーで、ソースはラズベリーソースです。

IMG_1317
取り分けると一層ハロウィンムードが盛り上がります。

今年学んだことは、今回テーブルクロスも食器もカトラリーもオールブラックで揃えたのですが、料理も黒いものが多かったので、あまりにも全部黒いと、何を食べてるのか、味もだんだん分からなくなってしまうということ!
食卓に黒は、ほどほどの分量が良いようです。