京都 中華」カテゴリーアーカイブ

◆天下一品

5月 4th, 2010 in 京都 中華

北野天満宮にある、餃子の専門店に行こうと思い立って出掛けたところ、お休み。
電話で確認すれば良かった、すっかり餃子気分なのにどうしようと、とぼとぼ歩いていたら目の前に天下一品が。
天下一品は京都が発祥の地なのだけど、京都の天下一品に入ったことない!ということで入ってみることに。

t6.jpg
牛筋が炊きたてとのことで、牛筋を頼んだのですが、これが柔らかくトロトロに炊けていて、味加減も良く美味しくて得した気分に♪

t7.jpg

どのくらい強力なのか気になって買ってしまったガム。

◆ファイティング・シェフ

12月 2nd, 2009 in エンターテインメント 京都 中華

A先生にお誘いいただいて、観たいな?と思っていた映画「ファイティング・シェフ」を観てきました。京都では21日?京都シネマで公開中です。この映画は、2年に1度行われるフランス料理のコンクール「ボキューズ・ドール」で上位入賞を目指す、スペイン代表シェフのドキュメンタリーです。

i11.jpg
私は、料理など芸術性が求められる分野では、competitiveなことはあまり向かないのではないかという思いを持っているのですが、この映画は、何だか素晴らしいスポーツを観戦した後のような爽快感があり心を動かされました。
スペイン代表シェフの「もう限界だと思っても、またその先がある」といったような言葉は、何かに真剣に打ち込んでいる人だけが得られる実感でしょう。どんどんプレゼンテーションが上手になっていく様子なども、見ていて楽しく、実際の大会を見に行ってみたいと思いました。料理に興味がある方にも、無い方にもどちらにもおすすめの映画です。

i9.jpg
すっかりフランス料理気分になったお昼は、京都シネマの入っているCOCON烏丸1Fにあるオー・バカナルでスープランチ。

i8.jpg
これはクロックムッシュ。トーストの大きさそのままに出てくるのも、豪快で、食欲をそそって良いですね。そういえば昔、コルドンブルーに通っていた頃、代官山の駅のそばのカフェ(というか喫茶店)のクロックムッシュがホワイトソースたっぷりで美味しく、足繁く食べに行っていました。お店の名前が思い出せないのですが、まだあるかな?今度代官山に出掛けたら探してみたいと思います。

i5.jpg
そして夜は、素晴らしいものをご馳走になってしまいました♪♪
京都ホテルオークラの桃李で素敵な夕べ。
2004年のMoulin-à-vent。少し熟したガメイ美味しかった~。

i6.jpg

うふふふふふ?。ふかひれです♪

i7.jpg うつわが、固形ロウであたためられるタイプなので、フツフツと温められたふかひれがいただけます。

i4.jpg
若鶏のパリっと揚げ。甜麺醤と白髪ネギと合わせていただきます。この鶏、非常にうま味があって美味しかったです。

i3.jpg
たけのことしいたけの煮物。味が濃すぎず塩加減が丁度良い塩梅です。

i2.jpg

ビーフン。「食べる辣油」というのをかけていただきました。

i1.jpg こちらは「究極の杏仁豆腐」。濃厚な杏仁豆腐に、バジルシードのアクセントが効いています。やっぱりオークラの中華は美味しいですね。東京とは違う京都オリジナルメニューもあるそうです。また伺いたいと思います。ご馳走様でした!

楽しい1日でした。毎日こういう日だといいのにな~♪

◆サカイの冷麺

8月 31st, 2008 in お取り寄せ 京都 中華 京都限定

夏休みも終わりですね。ちょっと暑さがぶり返してきた京都ですが、風や空はもう秋の気配。京都で超有名な冷麺(京都では冷やし中華を冷麺と言います)と言えばサカイの冷麺。ということで食べに行って来ました。
冷麺が名物のこのお店は、一年中冷麺がメニューにあるそうですよ。

sakai1.jpg
麺が太くてモチモチしているのが美味しいです。タレはマヨネーズっぽい味と辛子が結構利いてます。この味が人気なのは分かります。特に男の人好みなんじゃないかな。

sakai2.jpg
中華のサカイ
京都府京都市北区紫野上門前町 92 番地
TEL : 075-492-5004
11:00 – 22:00 月休(祭日を除く)

冷麺はサイトから通販でも買えます。

◆京都タカシマヤ 鼎泰豐(ディンタイフォン)

6月 23rd, 2008 in 京都 中華

珍しく京都タカシマヤの3階を通ったら!
なんと! 鼎泰豐(ディンタイフォン)があるではありませんか!
京都に住まって1年ちょっと。来る日も来る日もタカシマヤに出掛けていたのに気が付きませんでした。日本の鼎泰豐は新宿タカシマヤ店に行ったことがあります。台湾の鼎泰豐との違いにがっくりきてその後行っていなかったのですが、
京都に!鼎泰豐が!という驚きと、食事時を過ぎていたせいかガラガラだったのでつい入ってしまいました。
(台湾で赤坂ラーメンや麻布茶房に思わず入ってしまう心理と同じ)

d0.jpgd1.jpg
私が台湾の鼎泰豐で必ず頼むのはこの小菜。が、日本のものとは味付け、素材全然違うんですよね。台湾のものは、もっともやしがたっぷりで歯ごたえが楽しく、ごま油が香るあっさりした味付け。微妙に似ているだけに残念気分が高まります。あと大きな違いはショウガ!日本のはこれっぽっち!もっとシャリシャリした細切りを山盛りお願いします!

d2.jpgd4.jpg
肉入り小籠包(ショウロンポウ)と餡入り小籠包。私は餡入りも好きで、紫芋の餡入りを台湾では必ず食べてます。

d3.jpg
小籠包のつけダレは調合済みなんですよね。黒酢、紅酢等、台湾のように取りそろえて選ばせてもらいたいけど日本の風習には馴染まないのかな。
台湾の小籠包と何が一番違うって肉の味。台湾の小籠包はジューシーかつ獣臭さがうすく、さっぱりしているんですよね。日本とは素材も物価も違うから仕方ないですね。

ところで台湾の鼎泰豐、高い、もっと美味しい店がある等喧々諤々言われていますが、確かに台湾の相場より値は張りますが、やはり美味しいと思います。鼎泰豐は小籠包はもちろんですが、何といっても酸辛湯が美味しいので、台湾に行かれる方は是非。
私自身が台湾で小籠包を食べるときは大体、上海湯包(これも日本に上陸してるんですね!)に行きます。ここは店内が綺麗なのと、全体的にあっさりした味付けで、小籠包も鼎泰豐よりも軽い味で女性向きだと思います。他のメニュー(特に東坡肉)も充実でお勧めですよ。この他台湾では、小籠包はどこでも食べてもそこそこ美味しいので後は好みだと思います。屋台でも充分美味しいですよ。

◆老香港酒家の飲茶

3月 8th, 2008 in 京都 中華

京都で本場さながらにワゴンサービスで飲茶が出来るのは老香港酒家。

rh-wg3.jpgrh-ap.jpg
好きなものは決まっているのだけど、たくさんの種類の中から選ぶのはやっぱり楽しい。お味も「おっ」と思うほど本場に近いものも。

rh-wg2.jpgrh-mushi.jpg
rh-mushi2.jpgrh-s1.jpg
小籠包は、中身は良いお味でした。

rh-aona1.jpgrh-wg.jpg
rh-dw.jpgrh-d.jpg
日本の中華は全般的に本場と別物だと思っているのですが、こちらは随分本場に近く、雰囲気も香港や台湾の、週末の飲茶光景に近く、値段もリーズナブルでまた来てもいいな(こう思うのは珍しい)と思えるものでした。飲茶は大人数で行った方が楽しいので、今度は大人数でワイワイ食べに行きたいと思います(そうすると美味しいさ倍増だし)。

rh.jpg
老香港酒家
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地COCON烏丸地下1階
TEL: 075-341-1800
11:30 – 15:30(LO15:00) 17:00 – 22:00(LO21:00) 年中無休

香港式飲茶は3150円(小学生1575円 幼児1050円)