台北でいつも泊まっているホテルは晶華酒店(グランドフォルモサリージェント)です。私は地下鉄淡水線沿いに行きたい場所が集まっていることもあって、中山駅に近いここはとても便利なのです。宿の好みはさまざまだと思いますが、結構バランスが取れているのでお勧めの宿です。

が、今回は6、7年ぶりくらいに老爺大酒店(ロイヤルタイペイ)に泊まりました。
というのも、ロイヤルタイペイは2009年に全面改装をして、リニューアルオープン。リニューアル後は値段も晶華よりアップ(プランによると思うのですが、私が予約をお願いしているところでは)で、どんなになったのか興味があったから。
場所的には晶華の隣でむしろ駅寄り、更に晶華よりロビーから路面に出やすいのと、フリーWi-Fiが使える点が便利です(晶華のインターネット料金、24時間2500円くらい。あれ何とかして欲しい)。あと以前泊まったときに朝食が美味しかった印象があったので。

これが今回泊まったロイヤルタイペイのお部屋の写真です。前はロマンチックな内装だったのですが、モダンになりました。ロイヤルタイペイは日航系のホテルなので、他のホテルに比べてずっと日本人スタッフが多く、完全に日本語が通じます。朝食は今は晶華と変わらない感じでしょうか。フリーWi-Fiと路面にすぐ出られるところはとても便利でした。ただCPを考えると私はやっぱり晶華派。

これは晶華のロビー奥のカフェエリア。台北の中では、晶華のケーキやデザート類はレベルが高いので、洋風のお菓子が食べたいときはこちらがお勧めです。でも量が大量なので注意。

ティラミスは子供の頭くらいの大きさのボールで出てきます。

スフレはやや大きめくらいだけど、やっぱりボリュームあります。

1人前のフルーツでこの大きさ。2、3人でひとつ頼むくらいで充分かも?

Share: